梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『愛されてお仕置き』 伊郷ルウ
愛されてお仕置き伊郷ルウ / カワイチハル
海王社 ガッシュ文庫
562円 (ISBN4-87724-543-X)

【あらすじ】
 美形恋愛小説家・桐嶋玲音の住み込みハウスキーパー・千裕は、実は彼の恋人。「お仕置き」と称しては愛あるエッチをされる日々。ときには飼い猫の見ている前でなんて…恥ずかしいっ。でもある日、猫を怪我させてしまい、愛猫家の玲音に嫌われたと落ち込んでしまう。しかも、猫を診てくれる獣医の都筑は、なぜか千裕をにらんでくるが、玲音にはやたらと親しげな様子。その上、玲音の本当の恋人は自分だと言ってきて…。玲音と千裕の今の熱愛ぶりは嘘だったの!? ラブラブな番外編つき♪

【感想】
 桐嶋から愛を告白され、戸惑い、困惑しながらも、同じ気持ちで居る自分に気が付いた千裕は、紆余曲折ありながらも彼を受け入れた。
 ただ、桐嶋を受け入れた気持ちとは別に、相手が同性であると言う事は千裕にとってどこか後ろめたくて…極力周りには秘密にしたい事でもあったが…そんな折、怪我をさせてしまった猫の往診に来た獣医の都筑からは冷たい態度を取られ続けて…その態度に何処か不自然なモノを感じたが――。

 またもや猫に釣られて購入(苦笑)。
 いやー、10匹のお猫様は想像するだけで楽しかったです。
 って、本題から大きくずれてますね;…本筋に関しては、うーん…どうも読み進めていくウチに玲音も千裕も“男っぽさ”みたいなのがどんどん見えなくなっていく感じで、私としてはチョット物足りない感が残ってしまいました。
 玲音にソックリな獣医のお兄さんやら、都筑など面白そうな新キャラが出てきた割には話もそんなに波乱がなく、無難にまとまりすぎてた感が残ってしまったのも残念。

評価【★★★☆☆☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。