梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『監禁の甘い誘惑』 愁堂れな
監禁の甘い誘惑愁堂れな / 高座朗
プランタン出版 プラチナ文庫
552円 (ISBN4-8296-2299-7)

【あらすじ】
 平凡を愛し、男受けする自分に気づけない香西は、突然ヤクザの御堂に監禁されてしまう。訳もわからず裸にされ、「ここを使うのは初めてか」いきなり彼の太い楔に貫かれた。抵抗もできず、痛みと快感に喘いでいたが、手錠、足枷、首輪まで嵌められて、ますます脱出は困難に。だが逃げだそうにも淫靡な指使いに男の誇りを奪われ、身体は陥落。その上御堂の意外に優しい瞳に誘われて、つい自ら腕を伸ばしてしまう。束縛の愉悦から逃れて、平穏な生活に戻れる日は、果たして……!?

【感想】
『監禁の甘い誘惑』
 32歳の香西高文は中堅の業務用コピー販売会社の営業。しかしバブルが弾けて以来、会社の経営も苦しいらしく人員削減の一つとして毎月のノルマが三ヶ月続けて達成できないとクビという暗黙裡のルールのあるシビアな状況にストレスはたまる一方。そんな時ふと家の近くに見つけたバー「恋~Ren~」に立ち寄り美貌のバーテン・廉に出会う。会社の愚痴を言うと、嫌な顔ひとつせずに聞いてくれる廉に癒される気持ちになり、いつの間にか週に二・三回のペースで通い詰めるようになっていた。
 香西は自分はノーマルだと思っていたが、何故か廉の大きな瞳に見つめられると胸はやたらと高鳴り…そんな自分の反応に首を傾げつつ一月余り通っていたが、二ヶ月続けてノルマが達成できずに崖っぷちにいたある日、大きな契約の目処が立ち、この喜びを真っ先に廉に報告したい!と行った「恋」で思わず廉を食事に誘い、了承を貰い有頂天になっていたが、次の日「恋」に行ってみたらソコにいたのはチンピラかヤクザ者のような集団で!?
 訳もわからず絡まれている香西を助けてくれたのは「恋」で毎回顔を合わせていた青年実業家風の男・御堂だったが、なんと御堂もヤクザでしかも若頭という幹部で、更には廉がヤクザの薬と金を持ち逃げしたらしく、その一味だろうと言われて――!?

 話の展開がどうなるのか解らずにワクワクしながら読めて楽しかったです。ただ、香西が綺麗な男受けする顔と言う設定だったハズなんですが、作中殆どそんな描写なシーンが見えず、最後に御堂がそう言ってるのを見て「御堂にだけ綺麗に見えたの?」とか思ってしまいました…というかそう言う設定(蓼食う虫も好きずき的に平凡でくたびれたサラリーマンな高文が御堂にだけは魅力的だったとか)の方が面白かったなぁ…とか思ってしまった私はマニアックでしょうか?(苦笑)
 あとプリズム文庫さんだから仕方ないのかもしれませんがえっちシーンがとにかく多くて…そんななくてもいいなぁ…と思ってしまいました。
『拘束のすすめ』
 『監禁の甘い誘惑』後日談。
 御堂がどれだけ香西にベタ惚れか、と言うお話。

 いやぁ、香西もエラい人に惚れられたもんですね(苦笑)
 束縛とか監禁とかしちゃう人は拘束もしちゃうでしょう。
 大笑いしながら読ませて貰いました。

評価【★★★★☆☆☆】
コメント
拘束…
梅娘さん、こんにちは☆

文章では香西って「くたびれたサラリーマン」という感じでしたが、舎弟の木村にご飯を食べさせてもらうイラストを見て、「うわ!きれい!!」って思いました。
なのでやっぱり香西ってきれいな人なのかな?と。
あと、何気に木村もかっこいいような…(笑)

拘束のすすめ・・・はすごいですね。
なんか、香西が気の毒で(笑)
しかも、鍵のありかを廉に聞くなんて…w
よっぽど切羽詰った状況なんでしょうね(爆)

表も裏もお越し下さってありがとうございました♪
嬉しかったです^^

TBさせてくださいね。
2006/09/17(日) 00:36:06 | URL | 月子 #-[ 編集]
TBありがとうございます!
>月子さん

確かに高座朗さんのイラストは麗しかったですね~。
でも視点が香西だったせいか、まったく美しい場面が出てこなくてちょっぴり残念でした。

拘束のすすめは、何と言うか…弾けてましたね(笑)
でも、鍵のありか…そりゃ必死になるでしょう、藁にもすがるでしょう…。
でもそんな必死な香西には悪いけれども、私は大笑いしてしまいました(苦笑)

TBありがとうございます!
コチラからもさせて頂きますね~~~ヽ( ´¬`)ノ
2006/09/17(日) 13:57:35 | URL | 梅娘@管理人 #wygDBGUg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
愁堂れな(絵 高座朗)/プランタン出版(2005・9月)【あらすじ】平凡でくたびれたサラリーマン香西は、ある日”恋(REN)”というバーにふらっと立ち寄る。そこでマスターの廉に心惹かれ、仕事の愚痴をこぼしながら酒を飲んだ。その後も週に何度か通うようになり
2006/09/17(日) 00:30:09 | 裏・月子の書斎
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。