梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『家賃』 月村奎
家賃月村奎 / 松本花
新書館 Dear+文庫
560円 (ISBN4-403-52124-X)

【あらすじ】
 中学教師のの部屋に突然、勤務先の学校を卒業した人気アイドルの望月和哉が転がり込んできた。担任でもなかった男の所へ何故かそのまま居着く和哉。態度だけはデカく「家賃ならカラダで払う」が口癖だが、芸能事務所をやめて親からも見放された少年を、遼は追い出したりもできなかった。けれどある時、今までの家賃だと言って、和哉が大金を持って帰ってきたことから……?
 やさしいプライベート・レッスン!!

【感想】
『家賃』
 24歳の里谷遼は中学校教師となって二年目、おおらかで親しみやすいと生徒からも少しナメられがちながらも慕われている。今日も男子生徒から用具を壊してしまったが何とかしてくれと甘えてこられた所だ。そんな遼の中学校での本日の話題は卒業生でアイドルグループ「ピース」のメンバー・望月和哉のスキャンダル。
 15歳なのにもかかわらず、夜の街でくわえ煙草の写真を週刊誌にスクープされてしまったというスキャンダルで一日持ちきりだ。遼は和哉の担任でもなく、あまり接点はなかったものの以前一度、彼の目に口づけした事があり…。
 彼は今後どうしていくんだろう、と思いながら帰宅しようとしたら和哉が突然現れて、しかも過去の出来事をタテにそのまま遼の家に居着いてしまい…その上、家の事は全くせず毎日ダラダラと過ごす和哉にアイドルをクビになり行くアテもない、遼は今後の事を訪ねるが和哉からは何の見通しもなく――。

 親が幼くして離婚して、他人よりも距離があり新たな過程もある父親と、和哉が中学生の時に恋人と事故死した母親。愛情に飢えた少年は、その飢えを満たすためにアイドルになってみたもののアイドルで得られるファンからの愛は刹那的で…虚しさを感じ遼の所へと転がり込んできた和哉。
 遼の視点から、15歳という年齢には不相応な厭世的な心を持った少年を見捨てられなくて、和哉の孤独感に心を痛め寄り添ってゆく遼の心が表現されていて、彼らの心の距離がだんだんと近づいてゆく様子が見事に描かれていたと思います。
 久々に月村さんの作品の醍醐味を味わえた気分です。
『家賃+α』
 「家賃」その後。
 晴れて付き合いだした二人。和哉も高校進学と言う当面の進路を決めて、週末には二人で遼のアパートで過ごす一時。ふとしたきっかけで二人の誕生日が同じ日なのを知り、興奮する和哉に遼の応対はそっけないもので――。

 何気ない日常が和哉視点で描かれていましたが、前作で拗ねて厭世感が溢れていた和哉の年相応の少年らしい一面が見れて楽しかったです。

評価【★★★★★☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。