梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
麗人 Bravo! 2005.春号
 書店に行ったら雑誌コーナーに平積みされてました。
 大好きな山田ユギさんの表紙にフラフラと吸い寄せられ、表紙の作家陣をチェックし、西田東さんが執筆されてるのを確認し購入決定(早)。


 取りあえず、最初から読んでみよー。と早速帰宅後に1ページ目を開けて『オレの女房にゃヒゲがある。』に撃沈。。。内田かおるさん、最近ツボです。マッチョな兄さん(オヤジさん)が可愛い感じで…。今回もヒゲの兄さん(嫁さん?)がいい味をば…でも、シリーズ作の様で…前作をすっかり忘れていたので思い出すのに数回程読み直しました。3回目位で前の話は思い出しましたが、関連作はサッパリ思い出せません、単行本を捜索しなければ……(最近記憶力がなぁ)。

 高橋悠さんも好きな作家さんの一人なんですが、今回のはなんだか…画風変わった?な感じで変にキラキラした感じになっていて…受が恐ろしく細いのが頂けませんでした。いや受けだけでなく、全体の線が細くなった感じ…私的には、高橋さんの絵の力強いというか繊細な中にも骨太な感じのある所が好きなので、今回のは受け付けませんでした。

 西田東さんの『連れていってくれ』。もーねー、なんでこう上手いかなぁ!と思わせてくれます。何か目新しい設定が有る訳じゃないし、絵が凄く華麗という訳でもなく、でも絶妙の味や空気があって、とても些細な心の機微や、ふとした表情がドキッとさせてくれるのがたまりません。
 そして毎回、絶妙の『切なさ』が隠し味として使われているのが私のツボを刺激するのか…、その切なさを持った上でも前向きな登場人物達の『明るさ』が救うのか…。
 今回も過労や家庭のストレスからアルコール依存症になり、会社を休職中の千葉と、同僚で完璧主義の清水との関係。清水が千葉に向ける一途さは……切なく、可愛くすらあります。
 読後感がとにかくイイ。何と言うか暖かくなるのが西田さんの作品の持ち味かなぁ…と思います。
 
 山田ユギさんの『好きすぎて嫌い』。なんだか、遠い昔を思い出すと言うか、「青春」…てなお話でしたが、うーんん…今回の主人公達に余り愛着が無いせいか、気分はあんまり盛り上がりませんでした。
 ただ、受・攻に関しては、予想を反していたので、それには驚いた(苦笑)

 だいたい雑誌を買うと、漫画雑誌でも何作かは趣味とかけ離れすぎて読まない作品もあるんですが、今回に関しては全て目を通せました。と言うことだけでも麗人の作品は私的には評価高いかなぁ…。
 今回、内田さんと西田さんの作品以外で特に気に入ったのは、井上佐藤さんの『子連れオオカミ』
 ある日、同じ日に同じアパートの上と下の階に引っ越して来た青年はにお互いに若くしてバツイチの上に、同じじ年頃の幼児を抱えたサラリーマン二人のお話…って、ツボです。
 男性の育児って、なんだか違う色と言うか魅力的に見えるのは私の妄想センサーが作動するからでしょうか(苦笑)。
 ちょっと絵が見づらい感じはあったけど、ストーリーでそんなの全然気にならない。子育ての哀愁が感じられたり、でも子供がふとした所で生き生きと描かれていて。読んでいていろんな視点で楽しめました。
 この二人の話、また読みたいなぁ…そんな感じにさせてくれる作品でした。
 パパ'sの関係ももうチョット進展させて欲しいなぁ…あれってお預けだと思うんですが…違うかな?
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。