梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『愛してないと云ってくれ』 中原一也
愛してないと云ってくれ中原一也 / 奈良千春
二見書房 シャレード文庫
571円 (ISBN4-576-06051-1)

【あらすじ】
そんなに恥じらうな。歯止めが利かなくなるだろうが。
 日雇い労働者の集まる街で診療所を経営している青年医師・坂下。彼らのリーダー格の斑目は、屈強な男たち相手に一歩も譲らず日々奮闘している坂下を気に入り、何かとちょっかいをかけていた。ある日、坂下と仲のよい日雇いのおっちゃんが肝硬変を患っていることが発覚。家族に知らせて手術を受けるよう説得してもらおうと考える坂下を、この街の現実を知る斑目は無駄だと一蹴する。坂下を諦めさせるため、躰と引き替えにならおっちゃんの住所を教えてもいいと条件を出す斑目。脅しのつもりだった斑目だが、自分の本気を示すために坂下はその条件をのんで抱かれることになり――。書き下ろしには斑目の腹違いの弟が登場。坂下をかけて斑目兄弟が直接対決!

【感想】
『愛してないと云ってくれ』
 親兄弟も医者の家系に生まれた坂下、だが現実の医療は金や利権が複雑に絡んだ物で、そういった世界に嫌気がさし、唯一理解を示してくれた祖母の後援のもと、日雇い労働者の街で開業した。
 医院の経営は、はかばかしくなく、また客は殆どが金のない荒くれ男達ばかりだが、そんな生活にも慣れ始めた頃、坂下の親しくしていたホームレスの“おっちゃん”が病に倒れ…このまま治療をしなければ早晩命に関わると、彼の家族を捜すのだが――。

 若さ故に青い理想を捨てられない坂下と、少しやさぐれ気味の何処か謎を持っていそうな、見た目は荒々しい色気のある斑目と言うのは、カップリングとしても絶妙で斑目がことある毎に坂下にちょっかいをかける様子は、まるで小学生が好きな子を苛めてしまうかの様な不器用さがあり、何でも飄々とこなしそうな斑目のそういった一面も良く、何よりそんな斑目に対して坂下が反撃にメスをしばしば投げつけるんですが、いつの間にかそれが“斑目専用”になっている所が!!読んでいて楽しかったです。
 二人の関係の他にも“おっちゃん”や労働者街の事などが織り交ぜて一つのストーリーになっていてスピード感あり、人情味ありで読み応え抜群でした。

『根無し草狂詩曲』
 坂下が大学病院を辞めて労働者街に開業してからそろそろ1年、今日も診療所には一癖も二癖もありそうな男達がたむろっている。
 そして斑目も今日も今日とて坂下にちょっかいをかけて…そんな日常に突如として響き渡る老女の悲鳴――。それは坂下の祖母・フサの登場だった…。祖母が父との同居を嫌がりここに来たと言うので、暫くの間だ坂下と共に暮らす事になったのだが、フサには何か秘密がある様で…しかもそんな折、以前少し“ヤバイ”仕事を受けたヤクザから“専属”にならないかと勧誘がかかり、しかも言ってきたヤクザは斑目の異母弟で――!?

 前作に引き続きのハラハラ・ドキドキ、テンポのよいストーリー展開で飽きのない作品でした。正直、少しネタが多すぎて描き切れてない感も残ってしまいましたが(坂下と坂下父との関係や、斑目と斑目弟との対決など)まぁ、本筋とは違うのですが…。話が面白く、キャラも魅力的なだけにもっとじっくり描いて欲しいなぁ…と感じました。
 今作何よりも私のツボを刺激したのは坂下の“ババコン”ぶり!またそのお婆ちゃんフサさんは労働者達と一緒に飲むわ打つわでナチュラルに溶け込んでるし――でも坂下の前ではか弱い祖母を演じる所なんかはお茶目でたまらなくキュートです。
 実は前作で読んでいた時は“祖母”さんは凛とした雰囲気の方なのかしら――とか想像してたんですが、180度イメージが違って(何しろ前作では坂下視点で描かれていたからだと思うんですが)それがまた楽しかったです。
 山あり谷ありで何とか坂下と斑目も想いが通じ合ったかな?と言う所まで行けましたが、この二人の事なのでまだまだ波乱がありそう…と言う事で是非とも続編希望!な作品でした。

評価【★★★★★☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。