梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『名前のない約束』 火崎勇
名前のない約束火崎勇 / 香雨
徳間書店 Chara文庫
514円 (ISBN4-19-900314-2)

【あらすじ】
 鍛えた長身とワイルドな物腰。郷田一歩は注目の若手俳優。マネージャーの千里とは恋人同士――と言っても、一歩が無理やり千里に承諾させた、条件付きの関係だ。そんなある日、海外でも評価の高い映画監督から出演依頼が舞い込んだ。映画を成功させて、千里を心ごと手に入れたい!! 意気込んでクランクインに臨んだ一歩。ところが順調に進む撮影の裏で、一歩を狙う罠が仕掛けられ…!?

【感想】
 上に四人兄が居る兄弟の五男として生まれ、年子で下に待望の女の子が出来た家庭の中でその他大勢として育てられた一歩は、“自分だけ”を見てくれる相手に飢えていた。そんな一歩に熱心に俳優になるよう進める千里…最初は俳優に興味の無い一歩は素っ気なかったが、千里の熱心さを見るウチに、自分を預けるなら彼がいいと思うようになり、俳優になる条件として“恋人”になって欲しいと無茶な注文をした一歩に対して、暫く悩んだ千里が出した答えは「中学生の恋くらいからなら」と言う物で――。

 一歩が20歳の割には落ち着いてるなぁ…落ち着きすぎてて千里が四つも年上に見えないよ…とは思いましたが、俳優になりたいと思っていない青年が、自分の“恋”の為に相手の望む様に必死で“演じている”様子は読んでいて面白かったです。
 イメージとしては一歩がちょっとボンヤリした感じの大型犬で千里が元気一杯のスピッツに途中から見えてきて、小型犬にキャンキャン躾られてる大型犬…ムフ。と視点が変わっていましたが楽しませて貰いました。
 
評価【★★★★☆☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。