梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『さらい屋五葉 第一集』 オノ・ナツメ
さらい屋五葉 第一集オノ・ナツメ
小学館 BIG COMICS IKKI
600円 (ISBN4-09-188326-5)

【あらすじ】
 貧乏浪人・政に舞い込んだのは、遊び人の男・弥一の用心棒の仕事。しかしその弥一こそ、「五葉」と名乗る賊の頭であった――
 掴み所のない弥一と、ひとクセもふたクセもある一味の面々に次第に惹かれ、巻き込まれていく政だが…?
 情と絆、あざやかに薫る大江戸絵巻・開演!

【感想】
 二本差しの侍の秋津政之助は浪人の身。。身丈もあり剣の腕もなかなかだが、生真面目すぎる性格と優しい人柄が溢れすぎているのか、どこか頼りなく人から侮られがち。
 自身もそんな現状を何とかしたい!と思っているが、なかなか思うようにはいかず…。
 ある日、弥一と言う何処か謎のある男と出会った事により、五葉という誘拐を生業とする賊の一味となってゆき…政之助の生活は一変するが――。

 えー、出来ればこれで“やおい”風味も加味して頂ければ言うことナシ!なのですが…(苦笑)
 それがなくとも、ヨコシマ目線で見ると色々と想像(妄想)できて楽しめます。いい味出したキャラが盛りだくさん!(因みに女性キャラはそっちのけ(笑))
 何と言っても私のツボは真面目で頼りない風情の政さんなのです!いやぁ…剣を持って丁丁発止のシーンも格好いいですが、子供に逃げられて三角座りで落ち込むシーンも可愛くて!
 その他のキャラも色々語りたいですが、あまりするとネタバレしてしまうので…もぅ是非!読んでみてください!!
 お話の雰囲気は強いて言えば“必殺仕事人”風ですが、主人公がその仕事に疑問を抱きつつやってるし、仕事内容も人殺しではないので、あくまで雰囲気。
 しかしこのお話、弥一は謎だらけ(何を考えているか解らないし)で他にもまだ正体の解らない眼光するどいお侍さんが出るだけ出てたりとかがあって、まだまだ話の本筋には辿り着いてません。今作はプロローグという感じで次作が今から楽しみです。

評価【★★★★★☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。