梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『ブリリアント』 火崎勇
ブリリアント火崎勇 / 麻々原絵里衣
徳間書店 Chara文庫
533円 (ISBN4-19-900402-5)

【あらすじ】
 古めかしい日本画壇で、才能もビジュアルも突出した新進画家同士――目を惹く長身で力強い筆致の飾沢と、繊細な容貌とそれに見合う作風の紺野。二人は自他共に認めるライバルで大親友だった。ところが紺野が、理由も告げずに筆を折ると宣言!
 その上なぜか飾沢を避け始めた!?
 この関係は永遠だと思っていたのに――。衝撃を受けた飾沢は、ある夜紺野に衝動的にキスしてしまい!?

【感想】
オススメ!
『ブリリアント』
 体力を付けても、生白い身体が嫌いな紺野は自らの精密なタッチの絵を「ちまちまとした絵」としか評価できずにいた。
 そんな彼の前に、こうなりたいと望むような恵まれた体格の男と出会い、彼の描く色と光の溢れる絵に魅了されるが、そんな紺野に飾沢は「お前も俺をバカにしてるのか」と睨み付けて来て…。飾沢は実家が資産家ゆえに、絵に対して正当な評価を受けられずにいたのだ。
 相手に自分の持っていない物を見出し、お互いのよき理解者であり、ライバルでもあった二人だったが、紺野の身に思いがけない事実が降りかかった事により、そのバランスが崩れて――。
 
 紺野の視点から話が進んでいったので、彼の飾沢や筆を折らなくてはならなくなった絵への思いが、とても切なく胸に迫ってきました。
 また、絵への思いに絡めて、飾沢と出会ってからの彼との思い出が、いかに紺野にとって大切なものか…どれ程の思いで彼がそれらを諦めるのか……紺野の絶望がひしひしと伝わってきて、そんな中でも自らを見失わずしっかりと立ち上がろうとする様は、もう“格好いい”では表せません。

『グレイス』
 一度は諦めた飾沢と晴れて想いが通じ合い、彼の求めに応じて一緒に暮らす事になった紺野。絵は諦めざるを得ないけれど、代わりに飾沢を得られたならば…と前向きに思っていた。しかし、一緒に暮らしていると言っても、飾沢は毎日の様に用事で出掛け忙しく、新しい絵を描いている様子だが紺野には「仕上がるまで見せない」と言われ…。
 更には、飾沢の婚約者と名乗る女性までもが現れて――。 
 何を失っても飾沢さえ得られるならば、失った物も惜しくはない、そう思えていた紺野も相手の心が見えなくなると、迷い心弱くなってしまう――。

 人の心の弱さと強さが上手く表現されていたと思います。
 この作品は、登場人物の心の在り方が清々しいまでに表れていて、読後感が爽快な気持ちになれました。
 『ブリリアント』が最後に“愛”を持ってきたなら、『グレイス』は“希望”があったように思います。
 今回は一山を越した二人だけれど、共に生活をしていく上では、これからも色々とハードルが出てくるんだろうなぁ…と思いますが、それらに怯むことなく立ち向かって行ってくれるだろうと言う気持ちにもなれます。
 後書きで少し、その後の事も書かれていましたが、是非とも読んでみたい!と思いました。

評価【★★★★★★☆】
コメント
 こんばんは。七月も過ぎてゆきますね。

 文庫本が出たのですね!買いに走ります!「ブリリアント」を雑誌で読んだときは、泣きました。マジ泣きで…。火崎さんのお話は一人称なので、主人公にとっぷりと感情移入してしまいます。一人絶望と向き合って乗り越えてゆく紺野の姿に、胸がじーんときましたよ。
 二人のその後、読むのが楽しみです。
2006/07/30(日) 21:19:27 | URL | 恩夢 #-[ 編集]
『ブリリアント』いいですよ!
こんばんは、コメントありがとうございます!!
『ブリリアント』出てますよ!
雑誌に掲載時されていた作品なんですね~知りませんでした…(最近、雑誌を買って放置してた時期が長くて;)
一気に読んでも、紺野の切ない気持ちが胸に迫って来ました!
火崎さんの作品は、芯のしっかりとした主人公がとても凛々しく感じるのですが今作は特に紺野の心持ちがすごく伝わってきて本当にジーンとできました。
感想楽しみにしていますね!!(^0^)ノ
2006/07/31(月) 02:43:49 | URL | 梅娘 #wygDBGUg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。