梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『バカな犬ほど可愛くて』 英田サキ
バカな犬ほど可愛くて英田サキ /麻生海
海王社 ガッシュ文庫
562円 (ISBN4-87724-540-5)

【あらすじ】
 男との恋愛経験豊富な成瀬 聡は、見目はイイのに恋愛に関してはとことんダメな男・苅谷志郎に片思いをしている。高校以来の付き合いで二歳年下の後輩の苅谷は、隣に引っ越してきてから毎晩夕飯を食べにくる甘えたがりの可愛いワンコ。
 しかしある日苅谷に、好きな男ができたから男同士のHを教えてくれと迫られる。成瀬は苅谷への想いをおさえながら、必死な彼の頼みを聞き入れ初体験の相手となってやるのだが…!?

【感想】
 いくら高校からの知り合いであろうとも、隣の部屋にわざわざ引っ越してきて、毎晩ご飯を一緒に食べる様な関係が、ただの“友人”である訳がなーーーい!!
 と、ハタから見てれば両思いなのに、お互い付き合いが長い分、躊躇や思い込みが先に立ってしまった二人のお話でした。
 成瀬が苅谷の事を「俺だけの可愛い駄目ワンコ」と密かに思っているのも面白く、また苅谷の成瀬に対する一挙一動が主人の顔色を伺うワンコの様で…土下座を連発する様子はまるで犬が主人に対して無条件でお腹を出して“降参”してる風に途中から見えてきました(笑)
 ヘタレなワンコ(苅谷)が一生懸命ご主人様(成瀬)の気を惹こうとする様や成瀬のの気持ちが健気で読んでいて楽しかったです。
 英田さんの文章はテンポがよく、主人公以外の登場人物も生き生きとしていて読みやすく、作品に入り込みやすくていいですね。

評価【★★★★☆☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。