梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『約束のかけら』 結城一美
約束のかけら結城一美 / 飴本巽
プランタン出版 f-LAPIS文庫
571円 (ISBN4-8296-5414-7)

【あらすじ】
 終戦を迎え、子爵楠木家はGHQ(連合国総司令部)に屋敷を接収される。当主の留守を預かる次男・楠木久也は町での進駐軍の横行を非難し、地方軍政部司令官のウォレス大尉に町の安全と引き換えを条件に陵辱されてしまう。強要された関係を続けながらGHQの仕事を手伝うことになった久也だが、毎夜の濃密な情交とは裏腹に、町の復興に真摯なウォレスに次第に惹かれていく。折しも、華族制度の廃止が決まり――悔恨と恋情が交差する大人の恋。

【感想】
 終戦直後の混乱の中、GHQの将校と日本軍の将校と言う設定はなかなか新鮮で興味深かったです。
 ストーリー展開は王道な感じで安心して読めました。
 ただ、色々な出来事が次々と都合よく片付きすぎてる感じには「そんなに都合よく行くかなぁ?」と思わないでもない所があったり…出来れば一つ一つの場面にもう少し突っ込んだ描写が欲しかったかなぁ…面白いシーンもあれよあれよと、トントン拍子に進むのが勿体なかった…せっかく面白いシーンなのに…。それらのシーンがもう少し深く描かれていたらもっと作品に味が出たんじゃないかなぁ…とか、もっと波乱が欲しいなと思いましたが、ページ数的には仕方なかったのかな。
 色々書きましたが、大戦後の混乱の中、GHQの進駐や華族制度の廃止などの時流に揉まれながらも必死で誇りと家族を守ろうとする久也は好みでした。

評価【★★★★☆☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。