梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『氷点下の恋人』 春原いずみ
氷点下の恋人春原いずみ / 片岡ケイコ
徳間書店 Chara文庫
533円 (ISBN4-19-900280-4)

【あらすじ】
 「軽い追突事故なのに、全治三ヶ月の重傷!!この不審な診断書を調査せよ」保険会社の新米リサーチャー・神子田が社名で訪れたのは、美貌の整形外科医・貴船のもと。高飛車な物言いと傲岸不遜な態度で、不正請求の常習犯。ブラックリストの常連トップは、実は大病院のエリートだった!?
 そんな貴船の患者への真摯な対応を知るうち、神子田はその揺らがない自信と信念に惹かれ…!?

【感想】
 神子田はバイク乗りだが、バイクで走っているだけで“暴走族”や“走り屋”と思われてしまう現状をどうにかしたくて、警察官となったが、そこにあったのは組織の歯車としての自分で…理想と現実とのギャップに苦しむ中、ある出来事が切っ掛けで警察を辞め、保険会社の調査員(リサーチャー)となる。
 生来の勘の良さで仕事に取り組む神子田の元へ廻ってきたのが不正請求とも取れうる診断書で、それを書いているのは全て同じ医師だった――。

 保険会社の調査の内容や、事故の調査方法・整形外科の描写等は詳しく描かれていてリアリティがあり読み応えもあり面白かったです。ただ、そういった事に重点が置かれすぎていて、肝心の神子田と貴船の関係の方が、駆け足というか、おざなりになってて二人がくっつく過程にいまいち説得力が無く感じました。
 あと、貴船が腕を骨折する所もその後、それに関係した問題はどうなったの?とか、突っ込み所が各所に残ったと言うか…中途半端に感じるエピソードがちらほらあったのは、残念でした。

評価【★★★★☆☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。