梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『VIP』 高岡ミズミ
VIP高岡ミズミ / 佐々成美
講談社X文庫 ホワイトハート
580円 (ISBN4-06-255793-2)

【あらすじ】
 ――イイコト、しただろう? ふたりで何度も。
 高級会員制クラブ、BLUE MOONでマネージャーとして勤める柚木和孝には、雨の日になると必ず思い出してしまう男がいた。久遠彰允だ。
 久遠は十七歳の家出少年だった和孝を拾い、男の味を教えたのだ。だが、久遠がヤクザであることを知ったとき、和孝は久遠のもとから逃げ出した……。
 そんな和孝の前に、より魅力的になった久遠が現れて!?

【感想】
 実は、この作品を最初に読んだ時は話の流れが慌ただしく感じられて、少し物足りない終わり方だったんですが、その後何となく後をひきました。
 何故かなぁ…と思ったんですが、どうもこれ1冊では、二人の出会いと再会のみで、まるでプロローグのまま終わった感じがしたんだと思います。
 話の設定や展開などは面白かったのですが、それらが生かし切れてない感じが残り…その辺りが物足りなさを感じたんだと思います。
 続編が出たので、また読みたくなってしまい再読しましたが、読み切りではなく「1巻」として読むと、なかなか楽しめて読めました。

評価【★★★★☆☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。