梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『恋について』 木原音瀬
恋について木原音瀬 / 大竹とも
蒼竜社 Hollyノベルズ
857円 (ISBN4-88386-300-X)

【あらすじ】
 ブライダルコーディネーターの朝霞武史は、初めてプロデュースしたお客様・笹川様に一年ぶりで再会した。笹川夫妻は、朝霞が結婚式当日に起こしたドジを、笑って許してくれたとても優しいお二人だった。
 朝霞は嬉しさと感謝の気持ちを込めて、笹川夫妻の結婚記念日に、お祝いの花束を贈るのだが…。★真面目でヘタレな笹川と、元気で明るい朝霞の、ほのぼのラブ♪をどうぞ!

【感想】
オススメ!
 木原さんの作品に登場する男性は何かしらの“格好悪い所”があって、その格好悪さがもう「これでもか!」と出てくるんですが…そこが人間臭さを出していて好きなんですよね…。
 今作は、キャラ設定としては特に奇抜な設定ではなく、言うなれば“普通の人”のお話でしたが、笹川の苦悩や不器用な所、また逆に純粋な所が余すことなく表現されていて、そんな笹川に対して朝霞の感情が“好感”から“愛情”に移っていく様子や、恋愛感情として付き合いだしたけれども、男性同士と言う事でのちょっとした戸惑いなんかが自然な雰囲気で凄く上手くでも淡々と描かれていて落ち着いた作品になっていたと思います。
 読後感はとても暖かくて、たまにとことん救いのない感じの作品を描かれる作家さんとは同じとは思えない位でした(苦笑)
 いえ…私は断然、救いのあるこちらの作品の方が好きですよ!
 ブライダルコーディネーターとして仕事に打ち込む朝霞の様子もとても生き生きとしていて、作品と並んで読んでいて楽しかったです。
 最近、木原さんの作品がHollyノベルズさんからコンスタントに発売されていて、こうして読めるというのは凄く贅沢だなぁ…と嬉しい限りです。

評価【★★★★★★☆】
コメント
はじめまして!
梅娘さん、初めまして!
私も木原さん、大好きです(^^)ホントに最近定期的に読めるのですごく嬉しいです!

梅娘さんの感想、私も共感する部分がたくさんあります!
私はどっちかというと、木原さんは痛い系が好きですが、こういう読後感もまたいいな~と思いました!

私も生き生きと仕事する朝霞が、「こういう男の人っていいな!」って思いました!

またうかがいますね!
2006/07/23(日) 08:30:20 | URL | miku #-[ 編集]
初めまして。
>mikiさん

初めまして、コメント有り難うございます!!
木原さんの作品、ただでさえ、雑誌掲載が『小説アイス』と『小説b-Boy』位しかなかったので、一時期読める機会が減ってしまってかなり寂しかったのですが最近は、雑誌掲載もチラホラあり、また何よりHollyノベルズさんから定期的に出版されるのが嬉しいですね!

木原さんの“痛い系”嫌いではないんですが、やはり読後感的には救いが欲しい~~~と思ってしまうのもあります。
今、小説b-Boyの過去の目録を作っているんですが、単行本化されていない作品が色々見つかって驚いてます…こんなに単行本化されてないのか…と。
気持ち的には、木原さんの作品は全て単行本化されたら買うんですがねぇ…。

今回の「恋について」は、木原さんの作品の中でも取り分け甘い作品ですが、こういう作品もたまには良いよね!と思いました。

長々とスイマセン、また遊びに来て頂けると嬉しいですm(_ _)m
2006/07/23(日) 17:09:16 | URL | 梅娘 #wygDBGUg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。