梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
2009年10月の読書メーター
 うかうかしたいら11月ももう残り僅かとなっていました。
 11月はガクッと読書量が落ちていて小説は殆ど読めていません。
 読んでいても、何だか時間に追われて一番やっちゃいけない読みか方をしてしまっています。
 前半を読んで話のあらましがわかったら、ついつい最後を読んでしまうと言う…コレ、台無しだと自分でわかってるんですが…。
 そして少しサボると感想の書き方をサラっと忘れてるトリ頭なんで余計に腰が重くなってしまっています。
 なるべく月に数回でも更新できれば…と低い目標を立てつつ、読書メーターもあんまり数がありませんが、10月のまとめは11月中じゃないとできないので、消える前に更新しておきます。

10月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2167ページ

美男の達人 (白泉社花丸文庫)美男の達人 (白泉社花丸文庫)
評価【★★★★★☆☆】惚れた!良いラブコメでした。ページの真っ黒さも気にならないリズム感のある文章で、一気に読めました。ただ、上遠野が恋を自覚するまでが長くて、告白してからがえらく駆け足になった感があったのが残念。また箭内と碧海とのお話も読んでみたかった。でも全体的にとても楽しくて笑いと元気を貰いました。
読了日:10月05日 著者:小林 典雅

龍の兄弟、Dr.の同志 (講談社X文庫 きD- 18)龍の兄弟、Dr.の同志 (講談社X文庫 きD- 18)
評価【★★★★☆☆☆】まさかのスピンオフ、まさかのアラブ物と予想外一杯でしたが、姐さん女房的なお話で楽しめました。ただ、カーミルが狙われる根本が解決しきってないので、読後感が少し消化不良気味。この二人のその後の話もまた読みたいし、氷川と清和との絡みも読みたい。
読了日:10月06日 著者:樹生 かなめ

SWEET (ディアプラス・コミックス) (ディアプラスコミックス)SWEET (ディアプラス・コミックス) (ディアプラスコミックス)
評価【★★★★☆☆☆】エロかった。Hシーンが盛り沢山。それもいいんだけど、出来れば一つのカップルの話を1冊じっくり読んでみたい。
読了日:10月07日 著者:井ノ本 リカ子


甘い絶望の夜を捧げて (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 よ)甘い絶望の夜を捧げて (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 よ)
評価【★★★★☆☆☆】有能でハンサムなヤクザが、攻に対しては従順で一途という設定と、オムライスのくだりで購入決定。義月さんらしい切なさがとてもよかったです。ただ、子供の一葉に背負わされた罪の理不尽さには拒絶反応がでてしまい…。また、結局は受の献身によってなりたつ二人の関係の危うさを感じさせる終わり方に感じて少しスッキリしきれない読後感になった。
読了日:10月07日 著者:義月 粧子

社長と秘書、愛の証明 (ビーボーイコミックス)社長と秘書、愛の証明 (ビーボーイコミックス)
評価【★★★★☆☆☆】社長と秘書、幼馴染みのカメラマンと編集、上司と部下、3組の大人の愛のお話。どれも温かい雰囲気がよかったです。私は特に「今日幸せな愛を知る」の二人が好き。愛する者を失くし、傷ついた二人が互いに癒し合うお話でした。
読了日:10月12日 著者:町屋 はとこ

君に沈む (EDGE COMIX)君に沈む (EDGE COMIX)
評価【★★★★☆☆☆】「椿びより」がヨカッタのでコチラも購入。独特の雰囲気のある作風は味があっていいのだけど、短編が多すぎてどの話にも入り込みきれなかった感じ。この作家さんの作品は短編よりも一冊一話でガッツリ読みたいと思った。
読了日:10月15日 著者:イシノ アヤ

恋する運命なのだから (ガッシュ文庫)恋する運命なのだから (ガッシュ文庫)
評価【★★★★☆☆☆】いい歳をした男前の従兄弟同士が、無意識にベタベタしあう様子はツボでした。ただ、二人の関係が上手くはいったけど、まだまだ波乱がありそうな感じのまま終わったりしたのは少し気になりました。そして一番気になったのは和喜の新たな恋がどうなるのか、是非そちらも読んでみたい。
読了日:10月18日 著者:高月 まつり

天狗の嫁取り (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 た)天狗の嫁取り (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 た)
評価【★★★★☆☆☆】正しく天狗の嫁取り話。ファンタジーとして楽しめて読めた。けど、初っぱなに天狗が出て、公開SEXでと展開が早く感じたら、後半はあまり大きな波乱がない感じでした。色々と説明不足に感じた部分が残ったのが残念。個人的には妊娠・出産の部分も読みたかった。
読了日:10月20日 著者:高尾 理一

恋をしましょう (バンブー・コミックス 麗人セレクション)恋をしましょう (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
評価【★★★★☆☆☆】西田東さんはなぜにこうも愛らしい男が描けるのか。程良く渋く、程良く可愛く絶妙なバランス。男の弱い所も強い所もギュッと詰まった作品ばかりでした。
読了日:10月20日 著者:西田 東


独裁者の恋 (角川ルビー文庫)独裁者の恋 (角川ルビー文庫)
評価【★★★★★☆☆】ゴージャスなサイモンとクリスは、正に英国紳士という雰囲気があって、、そんな中にちまっとした感じの祐が居る光景は微笑ましい感じでよかった。サイモンの祖父の遺した映画の話もとても魅力的に描かれていてよかった。けど、そちらに注力されすぎていて、サイモンと祐が惹かれ合っていく過程が少し物足りなかった。
読了日:10月22日 著者:岩本 薫

読書メーター
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。