梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『天狗の嫁取り』 高尾理一
天狗の嫁取り高尾理一 / 南月ゆう
二見書房 シャレード文庫
648円 (ISBN978-4-576-09125-9)
Amazonを見る 楽天を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 祖父の葬儀で十四年ぶりに故郷を訪れた雪宥は、天狗が棲むといわれる山であやかしの世界に迷い込んでしまう。天狗にとって純潔の男子は極上の獲物。逃げ惑う雪宥を助けてくれたのは、端整な容貌に白い翼を持つ山の主・剛籟坊だった。雪宥は身の安全と引き換えに剛籟坊の伴侶となる。しかし、その証を立てるため衆人環視のもと剛籟坊に抱かれることになり――。欲情にまみれた視線の中、激しい愉悦に何度も絶頂を迎えさせられる雪宥。その上、天狗とマジ代わったことにより、剛籟坊の精液なしでは生きていけない身体になってしまい……。

【感想】
 土岐雪宥は父方の祖父が亡くなり、十四年ぶりに父の故郷を訪れた。土岐家は代々東北地方にある不動村に住み、広大な土地と大きな屋敷、莫大な財産を所有していた。父も十三年前に他界していたため、唯一の後継者となった雪宥だったが、財産を相続するには、不動村の家に住み、代々土岐家が育ててきたアマツユリという花の栽培を続けることが亡き祖父の残した条件であった。
 土岐家は千年も前からこのアマツユリを植え、育て、屋敷の裏手にそびえる不動山の天狗を祀った祠に供物として備えてきたのだった。
 祖父の思いを受け継ぎ、栽培を引き継ぐべきだという思いと、大学を中退し村から一歩も出ずにアマツユリとのみ向き合う生活という二十歳の若者にとって魅力的に感じられない選択肢との間で迷い気持ちは揺れ動き…。また土岐家の財産に目が眩んだ義父や母達との諍いに疲れ、祖父と何度か登った不動山に足を踏み入れた雪宥は、そこで信じられない光景が広がっていた。山の中に居たのはそれまで現実には居るとも思っていなかった天狗がいて――!?
 


 設定とか展開とか、カッ飛ばし具合が素晴らしかったけど、全て「ファンタジーなんだから」という合言葉のもとで楽しんで読めました。
 ただ、初っぱなから天狗が出てきて、公開SEXでと展開早いなぁ…と思っていたら、後半は特に大きな波乱がない感じでした…。
 剛籟坊が無口すぎて、考えが読みとれず、雪宥が何だかんだで状況を受け入れるのが早かったナー…と。
 あと、色々と些細な所で説明不足に感じた部分があり…雪宥の強欲な両親はその後どうなったんでしょうね。天罰みたいなのが、ちょっぴり下っていたらスッキリしたような、雪宥が失踪した時点で遺産話もご破算になってしまっただろうし結局はイイ目には遭わなかったんだろうけど、そこら辺を知りたかったり…。
 個人的には妊娠・出産が可能というくだりがあるなら、いっそのことそこまで読みたかった。
 
評価【★★★★☆☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。