梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『龍と竜』 綺月陣
龍と竜綺月陣 / 亜樹良のりかず
海王社 ガッシュ文庫
562円 (ISBN4-87724-532-4)
Amazonを見る 楽天を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 「いきがるな。もっと俺に甘えろよ」両親を亡くし、幼い弟と二人暮らしの乙部竜城は生活のために掛け持ちでバイトをしている。昼のバイト先・カフェで知り合った常連客が市ノ瀬組幹部・石神龍一郎と知ったのは、夜のバイト先のホストクラブ。トラブルに巻き込まれ怪我をした竜城を自宅まで送ってくれたのがきっかけで、石神は何かと理由をつけてはアパートにやってきた。人に頼るまいと肩肘を張っていたはずの竜城だがその優しい一面に心を奪われて…。

【感想】
 20歳の乙部竜城は、母が亡くなり、残された異父弟でもうすぐ5歳の颯太を育てるために大学を中退し、今はカフェでアルバイトをしている。しかし、弟を育てながら生活するにはもっとお金が必要で、実入りのよさそうなホストクラブで働くことにした。何故か勤め始めてすぐに窮地に立たされた竜城を助けてくれたのは、最近カフェのバイト先によく来るヤクザの石神龍一郎で――。

 颯太がとにかく可愛かった。個人的に、子育てネタが出てくるお話が好きなので、それだけで読んでいて楽しく。幼い弟を必死に育てようとする竜城や、ヤクザの幹部なのに変にエコで子煩悩な龍も生き生きと描かれていて、綺月さんの作品は初めて読みましたが、とても読みやすく、かつ勢いがある感じで一気に読んでしまいました。
 竜城が現実は色々と苦しい事もあると思うのに、前向きにポジティブに生きる様子は読んでいて好感が持てました。
 
評価【★★★★★☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。