梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『しもべと犬』 玄上八絹
しもべと犬玄上八絹 / 竹美家らら
幻冬舎 ルチル文庫
552円 (ISBN978-4-344-81408-0)
Amazonを見る 楽天を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 警視庁の非公式な部署に属する刑事・奥村智重は、人間の細胞から作られた人型の「犬」と呼ばれる生命体・石凪信乃を与えられ、組むことに。
 自らが傷つけられることなどものともせず、危険の中に飛び込む信乃。「主人」である智重を恋い慕う信乃に、智重は冷たい。時には身体を繋ぎながらも、信乃は智重との距離に心を痛めているのだが……。

【感想】
 捜査一課・第二特殊犯捜査第五係、公式には四係までしかなく、ないはずの内部でも限られた者しか知ることとのない、闇の部分に非公式に存在するるのが五係――要人の、身を滅ぼしかねない個人的醜聞に発展すると予想される事件を、非公式に出動し解決することから付いた渾名が《スキャンダル課》だ。
 そんな五係に配属されるのは、どれも人には言えない過去を持つ人物達。
 その一人、奥村智重の相棒・石凪信乃は人間ではない。人をベースに、犬の能力を組み込んで造られた存在…。犬として一途に智重の愛情を欲する信乃だが、智重はそんな信乃につめたくあたり――。


 過去に傷を持つ智重と、そんな彼を一途に慕う人造人間の信乃という二人の設定は面白そうだったので手にしました。
 しかし、なかなか事件の詳細も見えてこず、智重と信乃の関係も鬱々としてるし、智重のトラウマもハッキリせず…ようするに話が全然見えなくて、読んでいても全然楽しくありませんでした。
 でもって、前降りが長く感じた割には展開は急だったように感じました。
 最後に智重と信乃のラブラブな様子が見られたので読後感は悪くないのですが、途中までが読むのが本当に辛かったので★は低め。
 
評価【★★★☆☆☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。