梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『太陽は夜に惑う』 真瀬もと
太陽は夜に惑う真瀬もと / 稲荷家房之介
新書館 Dear+文庫
560円 (ISBN978-4-403-52185-0)
Amazonを見る 楽天を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 紅砂の国ザハナを訪れた朔人。エキゾチックな街並みで、映画から抜け出した“シーク”のような男アーキルと出会った。彼に連れられて行ったのは、喪われた砂漠の都スツ。その廃墟のなかで、朔人はアーキルに情熱的に抱かれる。ところが初めての恋を自覚した途端、アーキルがザハナの王族であること、そして十年前に朔人の兄を氏に追いやった仇であるかもしれないことを知り……。
 オール書き下ろしラブinアラブ!!

【感想】
 1926年、アラビア半島の首長国ザハナの都アブカディル。
 映画監督の義父に連れられて、イギリスからこの国に休暇を取材で訪れた16歳の森下朔人は街中で以前、映画の主人公役にピッタリだと思った人物を偶然見かけ、思わず声をかけてしまった。
 年は三十歳前後。男はアーキルと名乗り、食事に招待されるが、そこで酔いつぶれて寝てしまい――。


 面白そうなエッセンスは沢山溢れていたのに、どこか活かし切れてなかった感が残りました。
 アーキルが喪われた王国・スツの末裔であると言うのも魅力的だったし、朔人の養い親で映画監督のレヴィの職業も面白そうでしたが…どれも中途半端な感じの印象が残ってしまい。また6歳から英国で育ったと言う朔人が、日本人であった必要性があまり感じられなかったと言うのも…。
 個人的にはイスラム教国ではなかったというスツという国の話が読みたかったり、最後にチラリと出てきたレヴィとプロデューサーとの関係が気になったりと、本筋から逸れた所ばかりが心に残ってしまいました。

評価【★★★★☆☆☆】

以下は拍手のお礼です。
>通りすがり様

拍手ありがとうございます!
オススメもありがとうございます!!
スピンオフ『貴公子の求婚』ですね!
実は、既にGETしてあるんです。
じっくり読みたいと思い、ちょっととってあるんですが近日中に読んで、また感想を上げたいとおもっております。
書痴っぷり、『姫君の輿入れ』でも突き抜けてた感がチラリと見えましたが、グレードアップしてるんでしょうか。今からとても楽しみです!
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。