梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『千夜一夜-しとねのひめごと』 岡田屋鉄蔵
千夜一夜-しとねのひめごと岡田屋鉄蔵 (Okadaya_Tetuzoh)
リブレ出版 ビーボーイコミックス
571円 (ISBN978-4-86263-644-7)
Amazonを見る 楽天を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 偶然見てしまったSEX――穏やかな笑顔で人気のバーテンダー・の気が向いた時だけ、彼を抱くことを許された翔太。濃厚な愛撫で激しく誘うくせに、自分がキモチよくなろうとはしないのがなぜなのか。謎の多い葵に翻弄され続けるが…。カラダだけでなく、ココロの奥まで結ばれる愛をあんたにあげたい。大量描き下ろしアリ!

【感想】
 木梨翔太は便利屋と言う名のフリーマンで24歳。 今は都心にある場末のバーで用心棒を兼ねた雑用係のような事をしている。
 と言っても大した小さなバーで大したトラブルもなく面白みも無い仕事を続けている理由はひとつ、バーにいるバーテン・鬼塚葵が居るから。
 葵は30代後半、バーテンをしている時は物腰が柔らかで気遣い上手な人柄だが…一歩店を出ると、とてつもなく柄が悪くなりやたらと喧嘩を売る凶暴な人格になるという二面性を持っている。
 そんな葵にうっかりと惚れてしまった翔太は、偶然葵が男性とSEXをしている場面に遭遇し、以来彼との肉体関係を持つようになるが、恋人という程の関係にはなれず…。葵にはある一線以上には踏み込めない何かがあって――。

 
オススメ!
 大変読み応えがありました。
 千夜一夜物語と絡めて、語が進んでいくのがまず面白い(シェヘラザードが男だけど)。
 また葵の過去が解っていくうちに、その千夜一夜とのリンクも理解できていき、過去に傷ついて半分壊れた男の再生物語としても、心理描写が丁寧で話にグイグイと引き込まれていきました。
 
 描き下ろし「おはよう、おやすみ」と「asala;m alaikum」は二人の仕事の設定が解らなくてちょっと戸惑いましたが、最後の後書きにその後の二人の設定が書かれて理解。いい男夫婦のお話でした。
 個人的には後書きでチラッと書かれていた35歳×46歳の熟年夫婦のお話も読みたいし、その更に10年後のシルバーラブとかも是非とも読みたい!彼らがどう生きていくのかが気になります。

評価【★★★★★★☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。