梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『ダブルミンツ』 中村明日美子
 なんやかやと、更新しはじめると真面目(?)に更新し続けて8月も終わり。
 でも9月は読む時間が限られそうなので、ペースは落ちると思います。

 数日前に書いていた本の感想を、ウッカリと削除してしまい、思った以上にダメージ大です。
 私の本の感想は特段長くもなく、大した内容を書いている訳でもないんですが、コレが書くとなると思った以上に時間がかかっていたりします。ヒドい時は数時間、PCの前で本を片手にボーッとしていたり。思考がフリーズとか逃避とかしてる模様(苦笑)。
 ツボな作品に出会えた時は、凄いスピードで書けるんですがねぇ。
 ネタバレを出来るだけせずに、その作品の事を書くのって意外に難しい。あと、自分粗筋を感想の所に灰色で書いていますが、コレが一番に時間かかります。これまたネタバレせずに…となると…。そう考えると出版社の方は凄いなぁ…と思ったり。たまに実際に読んでみると「え?話が全然違うんですが?」とか思ってしまうあらすじとかがあったりしますが、それでも凄い。

 拍手チラホラと頂いています。ありがとうございます!
 とても励みになります!!
 お礼を毎回した方がいいとは思うのですが、何しろマイペース更新なので、都度できておらず申し訳有りません。でもとても嬉しく思っております。
ダブルミンツ中村明日美子 (Nakamura_Asumiko)
茜新社 EDGE COMIX
619円 (ISBN978-4-86349-088-8)
Amazonを見る 楽天を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 二人一緒じゃなきゃ、生きてゆけない、お前は俺の半身。
 『女を殺した――』電話の向こうから聞こえてきた高飛車な声は、高校時代の同級生・市川光央だった。同じ名前を持つ男・壱河光夫の胸中に、かつての隠微な記憶が蘇る。忘れていた過去が、再び光夫を熱情の中に引き戻す。共犯者として再会を果たした二人の主従関係は、少しずつ新しい形へと姿を変えてゆく……。実力派作家が挑む、DEEP LOVE。

【感想】
 ミツオとみつお、SとM、あるいは魂の共犯者。
 チンピラと技術者。交じり合うことのない同級生の人生が、ひとつの事件を契機に再び出会いを果たす。求め合ったのは偶然か必然か。同じ名を持つ二人の男の運命の物語。(帯より)

 
 みつおとミツオ、文字違いの同姓同名、静と動、黒と白、SとM、対極にありながら惹かれ合う二人。繊細な作画の淡々とした雰囲気の中で物語が進んでいく。甘すぎず、痛いばかりでもなく、それでも最後にはビターな救いがある。
 読後感は悪くないですが、個人的にツボを押されない感じで、読んでいてあまり入り込めなかったのは、本当に個人的な嗜好なんだと思います。
 絵も文章もとても丁寧に作られたと感じられるお話でした。

評価【★★★★☆☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。