梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『見知らぬ男―顔のない男(2)』 剛しいら
見知らぬ男―顔のない男(2)剛しいら / 北畠あけ乃
徳間書店 Chara文庫
514円 (ISBN4-19-900298-7)
Amazonを見る 楽天を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 天才俳優・飛滝の新作の役柄は、非常な殺し屋。そんな彼を追う主役の新米刑事に抜擢されたのは、飛滝の恋人で新人俳優の音彦。初の主役は嬉しいけれど、完全に役になりきる飛滝と、憎みあう芝居をするなんて…。飛滝が役に取り憑かれることを心配する音彦。その予感は的中、リハーサルに現れた飛滝は危険な匂いのする、見知らぬ男になっていて!?バックステージLOVE。

【感想】
 新人俳優の篁音彦が、ベテラン俳優の飛滝惣三郎と映画で共演し、二人が恋人同士になってから半年。それまで端役しか回ってこなかった音彦にもついに主役のオファーが来た!人気コミックのドラマ化で熱血新米刑事役だ。それには相手役が飛滝で、役柄は「冷酷な殺し屋」というもので…役に完全に成りきる飛滝と、音彦の仲を引き裂こうとする思惑が見え隠れしていて…オファーを受ける事を躊躇う音彦に、飛滝が出した条件は、五日間二人だけでリハーサルをしようと言うもので――。

オススメ!
 表題の「見知らぬ男」とういフレーズが作中、各所で様々な意図で使われていてとても印象的でした。
 前作では今イチ物足りなかった、飛滝が音彦の事をどう思っているのかなどの部分がよく見えてきて、更に降りかかる試練も二人で乗り越えていく様子などがとても生き生きとしていて読み応えがありました。
 何より、この作品で好きなのは音彦の素直さと、そんな音彦を目に入れても痛く無い程、溺愛する飛滝の様子が堪能できて満足です。
 作中、色々と伏線のような感じのエピソードがチラホラあったので、今から次作を読むのが楽しみです。

評価【★★★★★★☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。