梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『永遠と一瞬』 西門
永遠と一瞬西門 / 車折まゆ
白泉社 花丸文庫
571円 (ISBN978-4-592-87585-7)
Amazonを見る 楽天を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 旅行代理店勤務の田中優哉と、トップミュージシャンの高岡烈は幼なじみ。優哉は、傲慢だけど自分にだけは優しい烈に想いを寄せていた。ある日烈の依頼で、プロモーションビデオの撮影に同行することになった優哉は、烈の昔の恋人でカメラマンの小島にモデルの話を持ちかけられる。小島に「烈を君の子守から解放してあげて」と言われショックを受けた優哉だったが自立の一歩としてその話を受けることに。しかし、猛烈に反対する烈と大喧嘩をしてしまった優哉は、そのまま烈に乱暴されて……!?

【感想】
 旅行代理店に入社して四年目、26歳の勤める田中優哉はこの一年、仕事に打ち込んできた。何故なら兄弟の様に一緒に育ち中学の時からは共に暮らす2歳年上の幼馴染みの高岡烈が二年前に【R】という名前で歌手としてデビューしてから、あっという間にヒットチャートを駆け上り、今では出す曲がどれも上位になるトップミュージシャンとなり、そんな烈と自分との差を目の当たりにし、少しでも近づきたいと仕事に打ち込んできたのだ。
 上司や同僚からも認められてきた頃、突然【R】のプロモーションビデオの撮影の添乗を依頼されて…。撮影するのは、かつて烈と関係を持っていたのを見たこともある人物で――。


 芸能人と一般人で幼馴染みという設定買いをいたしました。西門さんは初めての作家さん、これがデビュー作という事でしたが…結果を言えば消化不良気味です。
 設定は色々と美味しい感じだったんですが、どれも設定ありきな感じで、とってつけたような印象が残ってしまって…。説明臭く感じる部分が多々あったり、登場人物達の行動に一貫性が見えてこなく感じたり…。
 あと、優哉がモデルをするとか…サラリーマンが堂々と副業しても大丈夫?何の記述もないけど?と本編と関係な些細な所などが気になったりして…正直、読んでいてあんまり楽しめませんでした。
 烈がシンガーソングライターや芸能人的な所も、もう一つ生かし切れてなかったような…。
 設定は面白そうだったし、イラストも好みだっただけに残念。

評価【★★☆☆☆☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。