梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『満員御礼 上巻』 真生るいす
満員御礼 上巻真生るいす(Maki_Ruis)
大洋図書 CRAFT SERIES
600円 (ISBN978-4-8130-5199-2)
Amazonを見る 楽天を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 東京は下町、両国あたり。
 土俵舞台に青春をかける青年たちが住んでいる。
 いなせで粋な名人目指す、呼出し序二段の鈴木誉もそのひとり。
 そんな誉に恋したのは、でっかい会社のドラ息子、久保田梶之助
 日々の苦楽もなんのその、角界ロマンスついに誕生!

【感想】
 鈴木誉(24)入門七年目、職業・序二段呼出し。 日々、仕事に打ち込むが、そんな誉の仕事場である大相撲の場所中、真っ昼間から枡席、四席分を貸し切り酒を片手に観覧するのは、誉の所属する部屋の谷町(ひいき筋)の一族の一人・久保田梶之助。
 誉が秘かに苦手意識を持つ中、梶之助は何故かキスをしてきたりと誉にとっては不可解なアピールをしかけてきて!?


オススメ!
 面白かった!
 出だしから、お相撲さんがアザラシになっていたりとインパクト強烈な掴みがあって、グイグイと読ませる真生さんの独特の画風に引き込まれ、途中ニヤニヤと笑えてしまう箇所が多々用意されていてとても楽しんで読めました。
 もともと相撲は結構好きで、良くテレビで見ているので、それだけでも好印象。
 主人公はお相撲さんではなく、呼出しさんのお話ですが、それもとても楽しく。何だか色々と思わせぶりな伏線が沢山あったように思うので、今から続きが楽しみです!
 主人公達も勿論気になりますが、同時に格好いいお相撲さんのテツさんとその舎弟の二人も猛烈に気になる所です。

評価【★★★★★☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。