梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『ロレックスに口づけを』 ごとうしのぶ
 少し遅くなりましたが、DIMBULA(新刊予定)の9月分をほぼ完成。私の今月のお楽しみは何と言っても木原音瀬さんの『吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.3』と榎田尤利さんの『きみがいるなら世界の果てでも』です。
 あと、DIMBULA(新刊予定)のカレンダー形式のcgiは、どうも使えないタグが色々あって、今までAmazonへのURLを貼るのが精一杯だと思っていましたが、試してみたら個別商品が貼れました!と言うことで、嬉しがって二週間分を貼り付けてみましたが……もしかして重いかも…。
 
 その他、ASSAMU(小説感想)の最近本の8月をHTML化しました。要するに作家別に分けました。
ロレックスに口づけをごとうしのぶ / 沖麻実也
角川書店 ルビー文庫
510円 (ISBN4-04-433605-9)
Amazonを見る bk1を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 県立城東高校生徒会副会長・新島重起は、合同行事の夜、私立祠堂学園生徒会長・竹内均と何故かベッドを共にしてしまった…! クールで知的で超美形の竹内は、誰にも心を許さぬ孤高の存在。
 重起の苦しい想いをよそに、毎年城東から祠堂に贈られるバラのアーチをめぐって、不可解な事件が…。初の長編恋愛小説。

【感想】
 新島重起は高三のある朝、見知らぬ部屋目覚めてショックを受けた。自分の左腕を枕に眠っている人が居たのだ…。その人は新島が副会長を務める城東高校の隣校、祠堂高校の生徒会長に弱冠二年生にして就任した竹内均だった。
 色々とヤバイ状況を考えて逃げ出した新島だったが、それ以来竹内の事が気になって仕方なくて…。
 そんな新島の動揺を余所に、城東高校と祠堂高校では恒例のバラのアーチの授受についての打ち合わせで何度も竹内に会う機会があり――。 


オススメ!
 祠堂高校の文化祭で城東高校から送られるバラのアーチにはそのバラを誰にも見つからずに盗み取り、思いを寄せる相手に贈ると、いつしか二人は恋人同士になれるというジンクスがお話に絡んできたり、そのバラのアーチの制作を妨害する何者かが現れたり、と設定や展開がドキドキ・ワクワクしてページを捲る手が止められない感じで一気に読めます。
 また主人公達以外にも、その周りには個性豊かな高校生達が生き生きと描かれていたりと、読み応えが盛りだくさんで、読後感がとても清々しい気持ちになれて、思い出しては何度も読み返してる作品です。

評価【★★★★★★★】
コメント
懐かしいですね~~
梅娘さん こんにちは~

「ロレックスに口づけを」ですか?
実に懐かしい名前を聞きました。

これ、もう何度も何度も読み返してしまうぐらい当時嵌ったんです。
文化祭なんて…まさしく郷愁の彼方ですけれど
タクミくんの世界とも少し違う、「街中の高校」を
舞台とした他校との交流が凄く羨ましくて、読んでいて憧れましたわ~

「宝物」にしちゃうのがよ~くわかる、名作ですね(笑)
2008/09/06(土) 10:43:31 | URL | 摩緒 #WZ4Jizw6[ 編集]
何度も読み返してます。
摩緒さん、コメントありがとうございます!

この作品、発行を見たら何と15年も前の作品なんですよね~。
購入当時も何度も何度も読み返しましたが、
未だに思い出しては読み返したくなるそんな作品です。
今見ると‘古さ’を感じる所もあるんですが、
だからこそ今の学園ものにはナカナカ見られない
‘若さ’も感じられるような気がします。

実は、この作品の中で気になっているのが斉木くん、
彼のバラのその後がとっても気になるのですが、もう続きは出ないでしょうねぇ…。
この作品は一冊に纏まっているからこそよいのかもしれませんが…。
2008/09/06(土) 16:53:20 | URL | 梅娘 #wygDBGUg[ 編集]
はじめまして
私にとっても宝物です。
何回読み返したか分かりません~。
竹内の強く見えて、弱い部分に何度キュンキュン来たことか・・・。

未だに2~3ヶ月に一度くらいは読み返してます。
なかなか、レビューを見かけないんですが、こちらで拝見して、嬉しくなって書き込ませていただきます。

また、お邪魔しますね。
2008/09/07(日) 17:56:38 | URL | 七 #mQop/nM.[ 編集]
はじめまして!
七さん、初めまして!コメント有り難うございます。
「ロレックス~」随分前に出された作品ですが、
何度も味わいたくなる作品ですよね!
何と言っても竹内のいじらしさにキュンキュンしますよね!

私も思いだしては読みたくなる作品です。
実は、今回この作品の本を紛失してしまって、探したんですが
見つからず、改めて買い直して読みました(笑)。

私も大好きな作品なので、コメント頂けたのはとても嬉しかったです。
つたない感想サイトですが、今後ともヨロシクお願い致します!!
2008/09/08(月) 22:34:19 | URL | 梅娘 #wygDBGUg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。