梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『華の繚乱』 秋山みち花
華の繚乱秋山みち花 / 六芦かえで
心交社 ショコラノベルズHYPERE
850円 (ISBN4-7781-0248-7)
Amazonを見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 元士族の青年・高石奏は、叔父から英国外交官のレンスター子爵、クリフォード・ウォーレン・ブランドンを探るように命じられる。
 叔父に逆らうことが出来ない奏は、恥ずべき行為と分かりつつも子爵の私邸に雑用係として潜り込む。生来の生真面目な人柄が気に入られ、信頼を得た奏だったが、あるパーティで叔父との会話を子爵に聞かれてしまう。
 密偵であることを知られた奏は、子爵に監禁され、淫具を使った淫らな拷問を強いられるのだが……!?

【感想】
 明治になって二十年あまりの東京。元士族の子息、22歳の高戸奏は帝国大学に通う学生だが、ある日、大叔父から目的を知らされる事なく英国公使の副官を務める男の私邸に潜り込めと言われ、意に染まない指示に抵抗する奏に対し、維新前までの主家の恩義を出されて、仕方なく出向いた先に待っていたのは、英国公使の副官にして、レンスター子爵クリフォード・ウォーレン・ブランドン…前日、奏が街中で偶然出逢っていた男だった――。

 全体的に、現実感が少し感じられないお話でした。
 いくらBLだからといって、二人が関係する過程があまりにも唐突に感じられて…「あれ?幾ら外国だからって、この時代って英国は確か同性関係は禁止では?」とか思ってしまったり…こういう作品で現実を思い出してはイケナイのかもしれませんが…。
 あと、思わせぶりなキャラが出てきた割には殆ど話には絡んでこなくて、叔父さんの指示もそうそう大事にはならず…波乱も殆どなかったので、物足りない感が残ってしまいました。

評価【★★☆☆☆☆☆】
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/02(金) 14:05:14 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。