梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『恋のドレスと硝子のドールハウス』 青木佑子
恋のドレスと硝子のドールハウス青木佑子 / あき
集英社 コバルト文庫
476円 (ISBN978-4-08-600898-3)
Amazoを見る bk1を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 仕立屋『薔薇色』を訪れた少年エド。クリスは彼にそっくりだという姉シャロンのドレスを依頼される。屋敷を訪れたクリスは、シャロンの恋の相手を選んでほしいと頼まれ、恋をゲームのように弄ぶ姉弟に困惑する。『薔薇色』のドレスで本当の恋に目覚めたシャロンにエドは反発するが…。
 一方、シャーロックは闇のドレスとクリスの母の関わりに気づき、クリスと向き合う決心をする。

【感想】
 『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズ第6弾。

 この作品は、設定がとにかく好みです。
 19世紀頃のヴィクトリア朝時代の雰囲気って無性に大好きです。
 産業革命という革新の時代だけれども、まだそれ以前の規律も残っていて…と言う微妙な狭間の時代だからかもしれません。
 また今では廃れてしまった物達も沢山あって、特に衣装や小道具がどれも可愛くて…と私の好きな要素の詰まったお話です。
 この作品では特に、主人公のクリスがお針子として創り出すドレスの描写がとても素敵で何時も想像してはドキドキします。
 今作では、今まで振り払っても闇のドレスと共に現れていた「憎しみ」の化身のような存在だったアイリスが前作で捕まり、けれどもその事件でのダメージから立ち直り切れていないクリスと、そんなクリスに対する自らの気持ちに立ち向かいきれていないシャーロックの心の揺れが出ていて、ハラハラしました。
 またクリスに多大な影響を与えた彼女の母の存在がチラチラと現れてきて、今後の展開への序章という感じの作品になっていたと思います。
 彼等が今後どういう事件に遭遇し、またどういう決断をしていくのかが今からとても気になるところです。
 あと、今作でも気になる新キャラが登場し、この作品はとても個性的で生き生きとしたキャラが沢山登場するので…主人公達以外の彼等の活躍ももっと読みたいと思いました。
 因みに私が今作の新キャラで一番気になったのは一番脇のハズ(?)のアントニーさんでした…彼が以外と気に入りました。

評価【★★★★☆☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。