梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『黒羽と鵙目・7』 花郎藤子
黒羽と鵙目・7花郎藤子 / 石原理
白泉社 花丸ノベルズ
800円 (ISBN978-4-592-86262-8)
Amazoを見る bk1を見る

【あらすじ】
 鵙目は中国マフィアとの一件で警察へ出むいた際に、黒羽が都心のマンションに男子大学生を囲っていると噂を聞く。
 落ち着かない気持ちの鵙目が黒羽に内緒でそこを訪ねてみると、その男子学生は鳩子の異母兄弟で井上審議官の愛人の子、一雉だった。一方、男鹿は同期の長谷川に、井上側に付いて一雉を黒羽組から連れ戻すよう命令され…?
 書き下ろしも収録、それぞれの思惑が交錯するシリーズ第7弾!

【感想】
 警察のTOPの一人である鳩子の父親・井上は、鳩子が自らの意志に反して鵙目の元に居る事を良しとせず、あの手この手での妨害をしかけてくる。その中には手荒な物も多々あり、中国人に襲われた鵙目達は影で彼等を動かした井上の元、すなわち警察へと彼等を引き渡すが、それに懲りる井上ではなく…新たな策を講じている様子で…。
 また黒羽にも何か考えがあるらしく、鳩子の異母兄である大学生の一雉と接触するが、一雉はゲイで…。
 そんな折、黒羽が若い男をマンションに囲っていると言う話が鵙目の耳に入り、心穏やかでは居られない鵙目は――。

オススメ!
 クロモズ、待望の7巻です!
 長い間、この作品を読むためだけに『雑誌 花丸』を買ってきましたが、最近は本当にこれ以外読みたいのがなくて、更にその『黒羽と鵙目』ですら、ページ数が少ない…という事でついに雑誌の購入を止めてしまっていたので(ファンとしては失格ですか?スイマセン;)、新刊は本当に嬉しいです!
 今回は遂に鳩子のパパに全面戦争か!?と言う雰囲気でしたが、今一歩まだまだ焦らされる感じでした。でも、相変わらず黒羽は格好良く、鵙目は色っぽく(笑)て大満足。
 更に、鵙目が「黒羽に男の愛人が?」と言う噂を確認に行く様子は……読んでいて思わずニヤニヤしてしまいました。
 続きが今から待ち遠しいです。

評価【★★★★★★☆】
コメント
私も大好きです!黒鵙!
今回はじわりじわりと脇が固められてきて駒がそろってきた感じでこれから起こる鳩子パパとの直接対決にはどう決着がつくのだろうと全く予想できないんですが、はたして黒羽の言った通りなるのか、そんなことはいったいどうやったら可能になるのか、早くも次の新刊が待ち遠しいんですが、作者が言っているようにもう少し執筆ペースを上げて、今年年末くらいにまた新刊読めれば嬉しいんですけどね・・・(笑)
2007/03/27(火) 13:07:19 | URL | ぽんちょ #-[ 編集]
>ぽんちょさん

こんにちは!コメント有り難うございます。
今作は鳩子パパの影がチラチラとしながらも、新たなキャラ(一雉兄さん)などが出てきたりと決戦に向けてジワジワと話が盛り上がってきていて読み応えがあったと思います!
続きが本当に待ち遠しいですね。
執筆ペース、いかがでしょうか…出来れば、雑誌掲載のページ数だけでももう少し増やして貰えれば嬉しいですが(^^;)
2007/03/28(水) 18:41:14 | URL | 梅娘@管理人 #wygDBGUg[ 編集]
 好きですね。最近、飽き飽きしてました。しかし花郎さんだけは いいですよね。
2007/06/17(日) 01:42:33 | URL | 比嘉門 千鶴子 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。