梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『星界の断章(2)』 森岡浩之
星界の断章 2森岡浩之 / 赤井孝美
早川書房 ハヤカワ文庫
580円 (ISBN978-4-15-030880-3)
Amazoを見る bk1を見る

【あらすじ】
 惑星マーティンの支配をめぐる裏交渉が明かされる「併呑」を始め、ラフィールと出会う前のジントが目撃したアーヴの真実に迫る「嫉妬」、ジントとサムソンが出会う「着任」、突撃艦搭乗直前のエクリュアの心情が語られる「童友」、ラフィールの修技館入学を祝う宴の模様を描く「祝福」、領地に向かうジントが新居を買う「転居」など、本篇では語られざるアーヴの歴史に隠された真実を暴いた、書き下ろし「墨守」を含む全12編。

【感想】
 私の大好きな「星界」シリーズの久々の新刊でした。
 買うのを忘れていたのですが、買ったら一気に読んでしまいました。
 やはり面白い~!
 
 …でも、本編ではないのが何とも残念。
 本編の「星界の戦旗(4)」は何時でたんだっけ?と調べたら何と2004年12月…遠っ!
 その後、他作品を書かれたりしてるみたいですが…個人的には、まずは「星界」に専念してほしいと思うのは私だけでは無いと思うんですが…。
 長々待ってますが、場つなぎ的に番外編が出されて、余計に本編の続きが早く読みたくなってしましました。

 取りあえず、前作とアニメとCDブックでフラストレーションを解消しようと思います。

評価【★★★★★☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
私の数少ない自慢の一つは、「星界の紋章」を発売直後に初版でゲットしてるってことなんですが、それはつまり、どうゆうこうことかと言うと、外伝じゃない正真正銘の本編の続きを大抵の人よりも長い時間、待ちぼうけを食わされてるってことで!惑星マーティンの支配をめぐ..
2007/03/24(土) 09:10:30 | 読書とジャンプ
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。