梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『スウィート・コンプレックス』 水月真兎
スウィート・コンプレックス水月真兎 / 東野裕
MOVIC ダリアノベルズ
857円 (ISBN4-89601-652-1)
Amazoを見る bk1を見る

【あらすじ】
 地位も金も美貌も持つ大企業の総帥の孫・椿が唯一執着するのは、腹違いの弟・虎之介
 高校の時、タラシの彼を振り向かせる為に体を投げ出した椿は、それ以来淫らな夜を過ごしている。社会人になっても変わらず椿に従う虎之介だが、瞳には暗い光が秘められていた。ある日、椿に見合い話が来る。見合い当日、椿は自分に内緒で女性と親密に過ごす虎之介の姿を見かけて…。

【感想】
 生まれて直ぐに母を亡くし、父も家を出て行き祖母に育てられた鬼龍院椿は、十三歳の時に父とその情人との死の知らせと同時に、その間に生まれていた一歳年下の異母弟、靱虎之介の存在を知り…情人との間の子の存在を受け入れとしなかった祖母の代わりに虎之介を引き取ったのは椿だった…。
 以来、椿に対して常に影の存在でいようとする虎之介との関係は、高校の時に彼らの間に兄弟でありながら肉体関係が出来ても変わらず、今では椿は若くして祖母が会長を務める『キリュー・コーポレーション』の企画部部長と言う住職を担う一方、虎之介は資材部主任という閑職に甘んじていて…そんな虎之介に対して独占欲を抑えられない椿だったが――。

 近親相姦ものでしたが、特にタブー感はなく、取りあえずお互いにゾッコン惚れてる兄と弟のお話になっていました。
 比較的、文字数も少ないイメージでサラッと読めましたが、私としては、エッチシーンが多すぎたなぁ…と思ってしまいました。エッチシーンを何割か減らして、もう少し祖母との関係や、会社内での派閥問題などの方にページを使って欲しいと思いました。
 椿に対する虎之介の従順さ、実力を持っていながら敢えてボンクラを装っていると言う設定は面白かっただけに残念でした。

評価【★★★☆☆☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。