梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『さよならヘヴン』 榊花月
さよならヘヴン榊花月 / 紺野キタ
幻冬舎 ルチル文庫
533円 (ISBN4-344-80765-0)
Amazoを見る bk1を見る

【あらすじ】
 18歳の笹尾実景が学校にも行かず、ひきこもりになったのは中学
のころのいじめが原因だった。ある日、実景が心の拠り所にしているアーティストが好きということで、姉に同僚の藍川修一を紹介される。藍川は端正な顔立ちに似合わず、穏やかな男だった。藍川といる時間が楽しい……そう思い始めた実景は、やがて藍川に恋をしているのだと気づき――。

【感想】
オススメ!
 実景は中学一年の時に同級生からのいじめにより母と姉の家族以外の「外」の人間を信用することができなくなり以来5年間、月一回のクリニックへの受診日を除き家から出ない生活をしていた。そんな生活を送る実景の心の支えは「エデン」と言う、アーティストの作る曲。エデンの曲をヘッドフォンで聴きながら部屋で本を読むだけの日々。そんな実景の前にある日、酔い潰れた姉を連れて帰ってきてくれた、姉の会社の上司の藍川が「エデン」のファンだと知り…今まで「外」の人間に興味を抱く事のなかった実景だが、何故か藍川に対しては「外」という警戒心が沸かなくて――。

 「いじめ」と「ひきこもり」という重い設定でしたが、実景が少しづつ「外」の世界へと一歩ずつ踏み出していく心の変化がとても繊細に描かれていて一気に読めてしまった感があります。彼が何故、人を信じる事ができなくなったのか、そして今どういう状況なのかと言う所から、少しづつ変化していく気持ちが丁寧に表現されていたと思います。
 最後は希望を持てる終わり方で、ホンワリと暖かい気持ちになれました。
 もちろん、実景にはこれからもまだまだ乗り越えないといけない壁がたくさん待っているのだと思うのですが、藍川や家族に支えられて一歩ずつ進んでいくんだろうなぁ…と、思わずそんな風に頑張る実景も読みたくなってしまいました。

評価【★★★★★★☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。