梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『傲慢な恋人』 魚谷しおり
傲慢な恋人魚谷しおり / 佐々木久美子
白泉社 花丸文庫
552円 (ISBN4-592-87467-6)
Amazoを見る bk1を見る

【あらすじ】
 飲料メーカーの営業マンである牧野哲也は、その美貌から「貴公子」と呼ばれているが、仕事に厳しいため「鬼」と敬遠されていた。後輩の永井宏幸は牧野を恐れず、大型犬のように懐いている。
 ある晩、出張先のホテルで永井に告白された牧野は、ほだされてつい寝てしまう。牧野は一夜限りのつもりだが、永井はまとわりついてくる。そこで牧野は永井にある「契約」を提案した……!?

【感想】
 大手飲料メーカーの東京本社・営業に属する27歳の牧野哲也は営業先では「貴公子」や「王子様」と称される程の容姿と笑顔を称えているが、一転社内では「鬼」と恐れられる程の厳しさで通っている。そんな牧野に屈託なく懐くのは永井宏幸、約二年前の入社時に牧野が教育係を務めて以来、何かと頼ってくる…牧野がどんなに厳しく怒っても、翌日には笑顔で慕ってくる永井は牧野にとっても可愛い後輩の一人…だと思っていたそんな永井からある日突然「好きだ」と告白されて…ゲイの牧野にとっては男性同士と言うのは問題にはならなくても、会社内でそういう関係を持つつもりはなくて…でも思いがけず必死な永井の告白に牧野は――。

 イラスト買いでした…佐々木久美子さん、雰囲気が好きなんですよねぇ。
 学生時代にラグビーで慣らした体育会系の永井という大型犬にとことんまで懐かれながら、そんな永井を振り回す牧野のご主人様ぶりは読んでいて面白かったです。
 
評価【★★★★☆☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。