梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『ボディーガードは口説かれる』 高月まつり
ボディーガードは口説かれる高月まつり / 蔵王大志
角川書店 ルビー文庫
514円 (ISBN4-04-451201-9)
Amazonを見る bk1を見る

【あらすじ】
 顔も技術も超一流の男達揃いの、超有名ボディーガード会社<ガーディアン・ローブ>に所属する智弘はある日、憧れの世界的俳優・レオンの護衛に指名され有頂天に。だけど出会い頭から智弘を「最高だ」と口説き、「早くスーツの下が見たい」と抱きしめてくるレオンに幻滅してしまう。一方的なアタックを拒否し続ける智弘だったけど、「俺の愛を、お前の身体に教えてやる」とレオンに押し倒されてしまって…。世界一強い筈のボディーガードの運命は!? 爆笑★攻×攻ラブバトル!

【感想】
 村瀬智弘は、どんなに心の中では激しく喜怒哀楽を表していても、それが全く表情に表れず、常に無表情に淡々と仕事をこなしている。
 そんな智弘だが今回の仕事は何時もとは違う。なぜなら今回の顧客は智弘が大ファンのハリウッドスターのレナード・パーシヴァント、通称レオンだからだ!
 レオンの日本へのお忍び旅行の一ヶ月間、先輩の高中狭霧と共につきっきりの警護をすること、それが今回の智弘の仕事
 憧れのスターの近くに居れる幸せを満喫していた智弘だが、実際にレオンに会った瞬間から智弘を口説き始めたレオン…その姿は智弘の思い描いていたレオン像とは全く違っていて――!?

 高月さんらしさ全開のハイテンポ・コメディで非常に楽しませて頂けました。
 出てくる人物が皆“濃い”ので、中和されて(?)途中から普通に見えてくるのが面白く。ハリウッドスターやそのマネージャーが日本語ペラペラな所などはそう言った“濃い”人たちを前にしたら突っ込むべき次元ですらなくなっておりました。
 一つ気になったと言えば、レオンが智弘を好きになった辺りが少し説明不足な感じもしましたが、それも話の面白さの前では気にならず!
 とにかく、各キャラが生き生きと弾けてくれていて面白かったです。
 私は特にボディーガードの智弘と狭霧の二人の心の中でのツッコミが面白くて好きです。

評価【★★★★★☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。