梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『窮鼠はチーズの夢を見る』 水城せとな
窮鼠はチーズの夢を見る水城せとな(Mizushiro_Setona)
小学館 Judyコミックス
505円 (ISBN4-7780-1001-9)
 

【あらすじ】
 優柔不断な性格が災いして不倫という「過ち」を繰り返してきた恭一。ある日彼の前に妻から依頼された浮気調査員として現れたのは、卒業以来会うことのなかった大学の後輩・今ヶ瀬だった。ところが、不倫の事実を妻に伝えないことの代償として今ヶ瀬が突きつけてきた要求は、「貴方のカラダと引き換えに」という信じられないもので…。くるおしいほどに切ない男と男のアダルト・ラブストーリー。

【感想】
オススメ!
 大伴恭一は、良く言えば“優しい”悪く言えば“優柔不断”な男。昔から女性に誘われれば嫌とは言えず、つい関係を持ってしまう…妻も居るというのに!
 そんな大伴の前に、ある日現れたのは大学時代の2年下の後輩の今ヶ瀬渉。大学卒業後、7年ぶりに再会した今ヶ瀬は興信所の調査員となっていて…しかも今の仕事は、大伴の妻からの浮気調査の依頼で大伴だという。もし、大伴が浮気を妻に知られたくないなら…と今ヶ瀬が提示した交換条件は何と大伴の“カラダ”で――!?

 ゲイの後輩が、ノンケの先輩に長く報われない片想いをしていたお話でした。
 この作品、以前から書店で見かけていたのですが、作家の水城せとなさんは、以前はビーボーイなどで執筆されていたにしても、今はスッカリ少女漫画家一本て感じだし、レーベルもJudyだし…と期待できる要素が少なくて二の足を踏んでいました。でも、ネットでの評判がかなり良いし、今月雑誌の付録に続編が掲載されたそうなので、今回思い切って購入。
 …で、読み始めてすぐに思った事は「何でもっと早く買わなかったんだよ!面白いよ!!」でした(笑)。
 何というか、普段読んでいるBL作品よりもずっと“濃い”作品でございました。
 エッチなシーンは勿論なんですが、それ以上に内容というか、主人公達の心理描写がとてもよくて、性的嗜好は至ってノーマルな大伴だけど、生来の流されやすさで今ヶ瀬に迫られ、弱みを握られてるのもあって…と流されて――から始まっても、だんだんと流されているだけでは無くなっていて、でもその事に本人は無自覚。なのに、誰にでもついつい良い顔をしがちな大伴が今ヶ瀬に対しては何故か遠慮ない物言いをしていて…。
 今ヶ瀬はそんな大伴を思う存分、甘やかして少しずつ今ヶ瀬ナシではいられない様にして…
 そういった大人な関係が絶妙に描かれていたと思います。
 まぁ正直、作中何度も今ヶ瀬に対して「そんなロクデナシ(大伴)の何処がいいんだ!」とか「目を覚ませ!」とか言ってしまいたくなりましたが…大伴、流されすぎだよ。
 まぁそれでも今ヶ瀬にしてみたら惚れたらアバタ(優柔不断)もエクぼなんでしょうね(苦笑)。
 今月号のJudy(雑誌)の付録に、この作品の続きが乗っているらしいのでさっそく買いに行きますよ!

評価【★★★★★★★】
コメント
すごいよかった!!!
梅娘さん、おはようございます!

私もこないだ初めて読みました。出てたのは前から知ってて気にはなっていたんですが、私も躊躇してて、読んだら「もっと早く手に入れとけばよかった○| ̄|_」と後悔。

久々に手応えのあるBLコミックでした!コレがJudyに載ってたなんて驚きです(@_@;

流されまくりの恭一にはあきれましたが、今ヶ瀬の恋愛のかけひき、恭一の元カノ・夏生との対決など、なんかすごかったですね~。
切なくて、切なくて、胸にびんびんきました。

思わず、続きが載ってるため、一生手に取らないであったろうJudy雑誌を買ってしまいました(^^;続きもおもしろかったです(>▽<)

是非TBさせて下さいね!
2006/09/15(金) 07:54:28 | URL | miku #-[ 編集]
>mikuさん

こんばんは、コメントありがとうございます!
mikuさんも最近読まれましたか~、解ります!ちょっと手が出にくいですよね…Judyって!
でも、読んでみたら目から鱗というか、近年まれにみるヒット作でございました!

水城せとなさんは実は以前、ビブロスとかで描かれていた頃の作品は1作くらいしか好きな作品が無くて、更に少女漫画の方に行かれた後はチラ見した限りではどうも魅力を感じなくて……と思い久々にガッツリ読んだんですが、絵も更に魅力的になっているし、何より一言一言のセリフに凄く深みが感じられて………本当に面白かったです!!

私も雑誌を買ってしまいましたが、mikuさんも買われたんですね(笑)
何だかまだ続く予感があり…どうなるんでしょうね…何となく付録の方の感じでは受攻が入れ替わる?ってな感じの予感を感じたりしたんですが…どうでしょう。
どちらにしても、流され侍にはそろそろ流され終わって今ヶ瀬を幸せにしてあげて欲しいです…(ホントに…)。

TBありがとうございます!アップされたらコチラからもTBさせて頂きますね♪
2006/09/15(金) 22:25:10 | URL | 梅娘@管理人 #wygDBGUg[ 編集]
あれれ・・・(--;
梅娘さん、おはようございます!
TBを何回かしたのですが、どうも上手くいかなくて(--;すいません。

「窮鼠~」「憂鬱バタフライ」アップしてるので、よかったらお暇な時お越しいただいたら幸いです(^^)
2006/09/16(土) 08:25:11 | URL | miku #-[ 編集]
こんにちは!
TB出来ませんでしたか~何ででしょう…前にもそう言ったご連絡を頂いたことがあったんですが…うーん;(--;)
コチラこそスイマセン;;

当方よりは先ほどTBさせて頂きました!
2006/09/16(土) 12:21:21 | URL | 梅娘@管理人 #wygDBGUg[ 編集]
突然失礼いたします~
梅娘さん、初めまして!!
窮鼠チーズで検索をかけてヒットした方のブログに足跡を残す放浪の旅をしている者です。
梅娘さんの記事、観察眼、読み応えありました。
私は窮鼠チーズが好きすぎて、小説の二次創作サイトまで作ってしまいました。
原作の雰囲気をなるべく壊さずに努力しているつもりなので、二人のその後が気になるのでしたら、ぜひ、我がサイトへいらしてみてください。

http://www1.ocn.ne.jp/~liveevil/

mikuさんは、うちにいらしてくだったmikuさんでしょうか…?
2007/07/14(土) 23:31:33 | URL | 千珠 #LGxQMfeo[ 編集]
お返事が遅くなってしまい申し訳ありません;
千珠さん、初めまして!
コメント有り難うございます。
レスが遅くなりまくりで申し訳ありません;;

『窮鼠~』のサイトという事で早速遊びに行かせて頂きました。
愛の溢れるサイトで、読み応えがありました。
これからも宜しくお願い致します。
2007/08/03(金) 05:51:07 | URL | 梅娘@管理人 #wygDBGUg[ 編集]
はじめまして。

漫画批評を参考にさせて頂こうとおもい伺いました。

この漫画他でも評判が良かったので最近購入しました。続編が携帯モバイルで読めるのですが、結末が予想したものと大きく違っていたため大ショックを受けてしまいました。


多少手数料かかるかと思いますが、もし良ければ是非読んで頂いて感想伺いたいです・・。

はっきり言って辛く悲しい結末でもう少し希望のある終わり方が出来なかったのか、と涙してしまいました。

あの結末を知った今では、コミックも一寸暫くは読み返せそうに有りません(T_T)。

2008/06/17(火) 11:48:07 | URL | 貴腐人 #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
情報ありがとうございます。

携帯サイトで読めるのは知っているんですが、一度読もうとトライした所、私の携帯は古くて読めない事が判明しまして…orz
機種変も考えたんですがそのうち単行本になるかな~と気長にまっていました。

結末…あんまり期待できないのですかねぇ…。
水城せとなさんだから(昔のBE-BOYで描かれていた頃の私の印象はハッピーエンドがあまりない作家さんと言うモノでした)二人のラブラブがあっても油断するな!!と思いつつ読んでいたんですが…Judyの付録でも良い雰囲気だったので、ちょっと油断していたようで…どんな結末なのか貴腐人さんのコメントからは希望が見えませんね(T_T)

何とかもう一度読めないかトライしようと思うんですが、恐さもあります…今のまま、良い雰囲気の二人だけを知っておきたいような、彼らの最後までも知りたいような複雑な気持ちです。
2008/06/17(火) 23:22:26 | URL | 梅娘@管理人 #wygDBGUg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。