梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
歌舞伎でホモ…
 先日テレビを見ていたら「通し狂言 染模様恩愛御書-細川の男敵討ち-」のプロモーションが流れました。

 見てたら、記者会見で染五郎が「BL」を連呼していましたが……で、後でアナウンサーが「BLとはボーイズラブと言う意味で…」と解説してくれてました…………これ、激しく居たたまれなかったのはワタシだけですか?!
 一般の席でBLを聞くのって…なんかイタイわ~。ε-(;ーωー )
 
 
 作品は明治時代の作品のリメイクらしいですが…。
 あらすじ見て興味津々です。
 江戸時代とか衆道とか好きポイント盛りだくさんなんで!!!(興奮)

 コレが小説とかなら速攻買いに行ったでしょう!
 しかし…多分(間違いなく)舞台は見に行かないです…どうも染五郎さんがなぁ…萌えないわ。
 しかも歌舞伎も見た事ないし…入門にはコレは濃すぎると思われます(苦笑)。

 歌舞伎そのものは、何時かは見に行きたいと思っています。着物着て~とか思ってるんですが、今はまだチョット敷居が高いデス。
 衆道ものも、キャスティングとかストーリー次第では見たいなぁ。


 と言う事で(何が?)、こういう雰囲気の小説もたまに読みたいなぁ…と言うのが言いたかったりして(苦笑)。時代物は大好物です!
 あ、でも切腹はナシでお願いします!切ないお話はそれはそれで好きですが、基本はハッピーエンドで!
コメント
染五郎
 梅娘さん、お邪魔します。

 すごく面白い場面に遭遇したのですね!
 染五郎が「BL」という言葉を知っているのが謎ですよね。どこから仕入れたのでしょう。解せませんね。素直に衆道と言ったほうが周囲を困惑させないでしょうに…。アナウンサーの人は女性でしたか?男性ならいっそう痛いです。(笑)
 歌舞伎で衆道もの…どんな雰囲気なのかコワイけど観てみたいですね。
2006/09/11(月) 19:50:20 | URL | 恩夢 #-[ 編集]
小説は出るそうですよ。
こんにちは。何度か足あとからお邪魔させていただいております、硝子です。

こちらの作品ですが確か小学館辺りから文庫で出る筈ですよ?
パレット文庫の公式サイトで見たのでおそらくパレットからじゃないかと思うのですが、深山くのえさんのノベライズ、西炯子さんのイラストで今月末発行予定です。

…まぁ、それはおいといて、問題は歌舞伎とコラボレーションさせてみようという試みを誰が提案したか、ですよね、そもそもは。
リメイクという辺りからも、BLっぽい要素がもともとないわけじゃないことが伺えますが、なんだか「これなら商業として外れない」というようなBL人気にかこつけた打算が透けて見えるようで個人的にはその浅ましさが少々気になるところです。
売れればいいってもんでもないだろうに、と思うのですが、判断は話を読んでからにしなくちゃいけませんよね…。
でも個人的には複雑です…。
2006/09/12(火) 02:38:14 | URL | 硝子 #SjaT3f8U[ 編集]
>恩夢さん

 こんにちは、コメントありがとうございます!

 そう言われれば、染五郎はいったい何処から仕入れたんでしょうねぇ…。想像してみると色々膨らみます(苦笑)
 因みにアナウンサーはばっちり「男性」でございました。_| ̄|○ il||li
 しかもしごく真面目な顔で言われたもんで、居たたまれなさ倍増でございました。ひっそりとしといて欲しいわ~と。
 あらすじを見ると、なんだかとっても激しい感じなんですが、歌舞伎で衆道というのは興味がありますよね(笑)。


>硝子さん

 こんにちは、はじめまして!何時もブログにこっそりお邪魔させて頂いておりました。
 コメントありがとうございます!m(_ _)m

 パレット文庫!今HPをチェックしてきたら本当に出る見たいですね!(驚)
 早速買いたいと思います♪教えてくださって有り難うございます!(最近、パレット文庫の発売が何となくバラバラ(毎月1日とかに出なくて)だったので、パレット無くなるのかな…と思っていたので新刊の存在だけでも嬉しいです!

 でもコラボ…そうですね。誰が言い出したんでしょう…。
 しかも、歌舞伎のあらすじを読む限りではハッピーエンドでもなさそうなんですが…コレが果たしてパレットからのBL本としてOKなのか…どっちかっていうと衆道本と言った方がイイ感じなんですが…。
 歌舞伎にしてももしBLが売れてるから~でリメイク復活だとしたら、ちょっと…ですね。
 取りあえず、文庫の方は読んでみようと思います。
 情報ありがとうございました!
2006/09/12(火) 06:33:21 | URL | 梅娘@管理人 #wygDBGUg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。