梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『炎砂と暁の王子』 上原ありあ
炎砂と暁の王子上原ありあ / 成田優季
心交社 ショコラノベルズハイパー
850円 (ISBN4-7781-0030-1)

【あらすじ】
 喫茶店で占い師として働く鷺沼悠真は、サファイと名乗るアラブ風の衣装を纏った美貌の男に声をかけられる。サファイは、中東の専制君主の国――ムクタディル王国の王位継承者。未来を見通す力を持つラスールの末裔である悠真を、捜しに来たのだと言う。覚えのない悠真は必死に抵抗するが、半ば強引に連れ去られてしまう。そして、神の幸いをその身に宿すラスールは、聖娼として千日、抱かれるのが役目だと言われ、サファイのとろけるような愛撫に悠真は翻弄されてしまい……。
 灼熱の大地で燃え上がるドラマティック・ラブ!

【感想】
 鷺沼悠真は去年大学を卒業した23歳、だが現在は希望した職に就けず、何となく始めた占いのバイトで食いつなぐ日々。
 何とか希望の職に就くまでは、と今日も喫茶店の一角で占い師として仕事をしていたが、そんな悠真の前に現れたのがアラブ系の顔立ちの金髪金瞳に浅黒い肌、真っ青な正装用の衣装を纏った男で。彼は自らをムクタディル王国の王位継承者・サファイと名乗り、悠真を迎えに来たと言う…。
 サファイ曰く、ムクタディル王国の王位を継ぐ者には“見通す者(ラスール)”と呼ばれる予知者、国の国家的な儀式には欠かせない者であり、王の指針となる者を持つ決まりがあるが、最近ではその立場も形骸化されていると言う。しかしサファイは真のラスールを求め、独自に調査した結果、最後のラスールと呼ばれたムクタディル王国の王女にして伝説のラスール・サミーラ姫の血を受け継ぐ悠真を見つけだし、是非とも自身のラスールとして迎えたいと言うが…その要請は殆ど脅しとも言えるもので――。

 設定が面白そうだったので購入。
 世襲ではなく実力で王が決められるため、王位継承者が四人居て、それぞれがラスールを持っていると言うのはなかなかに面白い設定でした。
 またサファイと同じ王位継承者の一人ザイードの軟派っぷりや、後宮に入れられた悠真の小姓頭の少年イブン君など主人公以外にも魅力的なキャラが出てきたのも好感触。
 ただ…ラスールについてとか王位継承についてとか話が、色々と広がって出てきた割にはそのどれもが中途半端に終わっちゃってた感が残ってしまったのが残念。結局、悠真はラスールとしての力が有ったのかもいまいち解らずじまいだったし…。
 まぁ、悠真がサファイと相思相愛になれたらそれでハッピーエンドなんでしょうが、私としてはもう一波乱あってもよかったなぁ…と物足りなさが残ってしまいました。

 因みにカップルとしては主人公としてよりも、ザイードとそのお相手の方がツボだったりしました。

評価【★★★☆☆☆☆】
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。