梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『吸血鬼と愉快な仲間たち3~Love trouble~』 木原音瀬
吸血鬼と愉快な仲間たち3~Love trouble~木原音瀬 / 下村富美
蒼竜社 Hollyノベルズ
857円 (ISBN978-4-88386-357-0)
Amazonを見る bk1を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 吸血鬼ドラマ第2弾の放映が決定。それもロケ地はアメリカ。俳優もしたい、故郷にも帰ってみたい! そんなアルのお願いに、渋っていた暁から条件付きでお許しが出てアルは大喜び! …しかし悲しいかな昼は蝙蝠。飛行機に乗れないアルは、再び冷凍蝙蝠に…。
 一年ぶりに帰ってきたアメリカで、アルは吸血鬼仲間のキエフに再会する。キエフはつっけんどんな対応の暁に興味をもったようで…。
 可愛い吸血鬼アルシリーズ、第3弾♪

【感想】
 アルが吸血鬼役として出演した「BLOOD GIRL まひろ」は撮影中に主演女優が殺され、犯人は女優のマネージャーだったという作品とは別の部分で注目され、深夜枠にもかかわらず高視聴率を記録し、早々に続編も決定!しかも今度はアメリカでのロケがあるといい…当然、出演したいと思うアルに対して、やはり反対する暁だったが…アルの両親の顔を見たいと言う願いに、アメリカ行きを許可する暁だったが…以来、アイスクリームを大量に食べ出して?
 しかも暁のアメリカでの知人がアルが憧れていた俳優で今は大物プロデューサー、リチャード・カーライルだと知り興奮したり、アメリカに着いたら長らく音信不通だった吸血鬼仲間のキエフに再会したりと波乱があって!?


 待ちに待った続編がやっと!と言う事で、今回は前作で暁の事が好きだとと自覚したアルと、暁の関係がどうなるのか?と言う所に注目していたのですが…うーん、ラブへの道はまだまだ遠い感じでした…。でも周りはどんどん誤解していってる様子が…既成事実化ですか?(笑)
 そしてそんな状況に気付きながらも、暁には怒られるから黙ってるアルと、全く無自覚な暁が楽しかったです。
 今作では、暁の知り合いが出てきたり、アルの吸血鬼仲間が出てきたりと、新キャラが良い味を出してくれて楽しかったです。何より、今作ではアルの蝙蝠姿が堪能できた上に、仲間のキエフとの蝙蝠姿で「ギャッ、ギャッ」と会話する様子は可愛すぎて!!読んでる間中、ニヤニヤ笑いが止まりませんでした(アヤシイ;)
 肝心の暁とアルの関係はまだまだ…しかも今回のアメリカ編は「続く」てな感じで終わり…読み終わった所ですが、今から続きが待ち遠しいです!…でも発行ペースから行くと一年後なんでしょうか……遠すぎる。

評価【★★★★★☆☆】
スポンサーサイト
『吸血鬼と愉快な仲間たち2~Love Birth~』 木原音瀬
 3巻の発売が延びてますね…。
 今月末こそ!と思いつつ、書いていなかった2巻の感想をば。
 どうか、今度こそ3巻出てほしいです。
吸血鬼と愉快な仲間たち2~Love Birth~木原音瀬 / 下村富美
蒼竜社 Hollyノベルズ
857円 (ISBN978-4-88386-328-0)
Amazonを見る bk1を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 日本に来て半年が過ぎ、アルもやっと周囲の人々や生活に慣れてきた。春からは施設に新しいエンバーマー、室井が加わり暁の職場も賑やかだ。が、暁は明るく陽気で率直な室井と反りが合わない様子…。そんなある日、アルにモデル&ドラマ出演の依頼が! 人間だった頃からスターに憧れていたアルは大喜び。しかし暁は大激怒。簡単にはお許しが出そうになくて…!? 吸血鬼シリーズ第2弾♪

【感想】
 ひょんな事から望まないまま吸血鬼(しかも牙を持たない為に食料である血を吸えず、日の出ている間は蝙蝠の姿になってしまうという不完全なカタチの)になってしまったアルベルト・アーヴィングことアルは、これまた自らの意思の関わらない所で生まれ故郷のアメリカから、日本に冷凍輸入され、いくつかの幸運によって人嫌いのエンバーマー(死体に防腐処理をして化粧を施す技術者)の高塚暁の家に居候しつつ、独り暮らしの為に暁の勤め先のエンバーミング施設で夜間の清掃のアルバイトの職も得て…。
 紆余曲折を経て、今では昼は暁のペットの蝙蝠として、夜は同居人として、暁の友人で刑事の忽滑谷や、暁の同僚など知り合いも増えて人間らしい生活を取り戻し、日々が充実しているアルに、ある日、暁の同僚の津野からモデルのバイトの依頼が来て。――。


 読んでいる間中、ニヤニヤ笑いが止まらない感じのアヤシイ人になってしまう位、楽しめました。
 相変わらずアルと暁の関係はラブには到達しない中でも、コメディとサスペンスを絶妙のバランスで配置してあるお話は、ラブが無くても充分楽しめました。
 ただ、今作では私の大好きなアルの蝙蝠での、日本語の勉強姿が見れなかったのだけが残念(そんなこと!?)
 副題で「Love Birth」とあったように、アルが暁へ少し(いやかなり?)的はずれた感じの告白をした所で終わっていたので、次巻がとても楽しみです。

評価【★★★★★☆☆】
『マハラジャの愛妻』 加納邑
マハラジャの愛妻加納邑 / 桜城やや
リブレ出版 ビーボーイノベルズ
850円 (ISBN978-4-86263-451-1)
Amazonを見る bk1を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 「花の精のようなお前を、誰にも渡したくない。誰にも触れさせたくない…」
 マハラジャしか入ってはいけない、王宮の秘密の庭。そこを世話することになった庭師の少年・ミルは、危機を救ったことから、精悍な若き王と愛し合うようになる。けれど、マハラジャの命を狙う陰謀が忍び寄り…!?
 情熱に溢れた、力強い眼差し。月明かりの王宮で、逞しく熱いマハラジャの胸に抱きしめられ、甘い愛撫に溺れて…♪ エキゾチック・ロマンス♪

【感想】
 四歳の時に寺院の前に置き去りにされた少年ミルは、その後王宮勤めの庭師の親方に引き取られて10年、育ての親の親方の死後、その仕事を引き継ぎ半年、マハラジャの為だけにある中庭を心を込めて世話をしてきたが、マハラジャの前に姿を見せるのは禁じられていて、勿論マハラジャの姿を見たこともない…。そんなミルだったが、ある日マハラジャが居るはずの庭から人のうめき声が聞こえてきて…躊躇しつつも向かった先では、若きマハラジャ・ラシュが毒蛇に咬まれて倒れていて――。

 最近アラブ物は頻繁に見かけますが、今作はマハラジャ…一目見て思った事は「新しい…!」でした(苦笑)。
 と言う事で、設定だけで購入しましたが…うーん、楽しんで読めたんですが…気になる所が所々…時代設定は何時頃なのかしら?とか、カースト制度は全無視ですか?とか、カレーは?(笑)などその他諸々…。結論としては、マハラジャという名前と衣装だけ取ってつけた、実際のインドとは全く関係の無いファンタジー設定なんだな…という感じでした。
 BLがファンタジーと言えばそれまでなんですが、個人的にはもう少し設定面などにこだわって欲しかったなぁ…と思ったり。
 あと、タイトルが『マハラジャの愛妻』なんで、妻になった後のお話かなぁ…と漠然と思ったんですが、妻になるまでのお話でした。いわゆるシンデレラストーリーなんでしょうか…。
 ファンタジーとしては楽しめて読めたんですが、少し物足りなさも残ってしまったのが残念でした。

評価【★★★★☆☆☆】
『ウサギ狩り』 鈴木あみ
ウサギ狩り鈴木あみ / 街子マドカ
二見書房 シャレード文庫
619円 (ISBN978-4-576-08105-2)
Amazonを見る bk1を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 伝染病により女性が滅亡し、男だけになった世界で起きた異変――それは、ある日突然動物のミミが生え、同性を惹きつける強烈なフェロモンを発する「ミミつき」の存在が確認され始めたことだった。高価に取引される彼らを狩る「ウサギ狩り」。ウサギの「ミミつき」になってしまった宇佐美一羽の前に、高校時代の同級生で今は狩野組組長である狩野が現れる。あっという間に捕獲された一羽は玩具として売り飛ばされることを覚悟するが、手始めに狩野から屈辱的で淫らな行為を強いられて…。

【感想】
 女性が絶滅し、男だけの世界になって数年…突如として現れだ「ミミつき」と呼ばれる存在…ごく普通の男に、ある日突然、動物のミミと尻尾が生えた人の事をそう呼ぶようになり。「ミミつき」の数は極めて少ないが、その存在は同性を惹きつける強烈なフェロモンを垂れ流し…女性の居なくなった世界では、その希少性と共に高価に取引されるようになり…一部では「ミミつき」を狩ることを「ウサギ狩り」と呼び…。
 宇佐美一羽はある朝、起きるとウサギのミミと尻尾が生えていた事により生活が一変することになり、それ以来というもの生活必需品の買い出し以外は部屋に閉じこもり身を守っていたが、それでも油断をすれば襲われる危険のある日々に疲弊していたある日、外出時に「ウサギ狩り」にあい窮地に立っていた一羽を救ったのは、高校時代の同級生で今では親から継いだ暴力団の組長をしている狩野宗司で――。


 色々とツッコミ所が満載なお話でした。
 突き詰めてしまうと破綻だらけに感じた設定でしたが、そこら辺は突き詰めず、ただとにかく「ファンタジーだから」を合言葉に読めば、楽しめました。
 設定としては色々な動物の「ミミつき」が居るはずなんですが、作中出てきたのはウサギ耳を持つ一羽と、真代(狩野の従兄弟)の二人だけだし、「ミミつき」を狩るのは「ウサギ狩り」だし、何より登場人物の名前が「宇佐美一羽」に「狩野」と言う辺りで、設定は後付でとにかくウサギ耳ありきのお話でつっこんではいけないのだな…と(苦笑)
 クールビューティーな容姿に不似合いなバニーが萌えなお話でした。
 シリーズ化されるらしいので、多分そちらも読んでしまう位には楽しんでました。

評価【★★★★☆☆☆】
『きみがいるなら世界の果てでも』 榎田尤利
きみがいるなら世界の果てでも榎田尤利 / 円陣闇丸
リブレ出版 ビーボーイノベルズ
850円 (ISBN978-4-86263-450-4)
Amazonを見る bk1を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 俺のせいで東海林がダメになっちゃう!? ルコちゃんという愛称で人気上昇中のマンガ家・二木は、恋人同士となった今も変わらず、いっさいの面倒を東海林に見てもらっていた。お互いそれで良いと思っていたはずの関係だったが、次々と東海林にアクシデントが起きる。さらに高校時代、二木の世話を焼いていた男・甘利が現れて……。
 きみがいなけりゃ息もできない――そんな二人の行き着く先は?
 マンガ家シリーズ最終巻!! オール書き下ろし♪

【感想】
 小学三年の時に出会ってから東海林と二木の関係は常に保護者と子供。大人になっても手のかかる子供のままの二木の世話をかいがいしく焼く東海林との関係は変わらない、だがその中に「恋人」という関係が増えただけで…。
 相変わらず東海林に依存しまくりの二木だったが、楽しみにしていた旅行が東海林の都合でダメになり駄々をこねていた時に、友人から東海林の負担になりすぎて相手をダメにしていないかと忠告された二木は、東海林までダメ人間にならないように、少しでも自分の事は自分で出来るように頑張ろうとしたのだが――。


 相変わらず二木に振り回されっぱなしの東海林でした。
 と同時に今回は何だか東海林が肉体的にも、精神的にも痛い事になりっぱなしで、読んでいて気の毒になったり…。
 シリーズ最終巻ということで、これまでの他作品のキャラが総出演という感じで色々言っていましたが…どうも詰め込み過ぎたような…無理矢理出演させたような感を受けてしまいました…個人的には別に無理にシリーズにする必要も、今回を最終回!とかさせる必要もないように思うんですが…販促的な所な事情なんでしょうか…。
 二木が東海林理な自立をしようとして、結局自滅すると言う話の筋はよかったと思うんですが、当て馬の甘利さんの影が薄くて感じて…うーん甘利さん、別に居なくても…とか思ってしまいました。
 ただ、相変わらずダメ人間な受と、それを支え振り回される攻を描かせると榎田さんは上手いなぁ…と思わせる二木と東海林の関係は、読んでいて楽しかったです。
 今回は楽しんで読めた一方、二人の擦れ違いが多すぎて、個人的にはもっとバカバカしい感じでイチャコラして欲しかったなぁ…と、期待が大きかったせいか、少し物足りなさが残ってしまいました。

 付録の小冊子「ネコノート」では、東海林が拾ったノートに二木の名前を書いて、帰宅すると家にいたのは仔猫で!?と言う何処かの漫画を彷彿とさせるような設定のファンタジーなお話でした。

評価【★★★★★☆☆】
DIMBULA更新
 新刊予定DIMBULAの10月をほぼ完成。
 先月嬉しがってつけたAmazonのリンクバナーは重く成りすぎるので、今月からは雑誌のみに。表紙画像が見れてヨカッタんですが…読み込みに時間がかかりすぎてストレスなので…。

 今月のお楽しみは樹生かなめさんの『龍の右腕、Dr.の哀憐』(昨日発売だったので、ウキウキ本屋に行ったら出てなかった…orz。本日リベンジで無事購入してまいりました!)と、先月からの延びてしまってる木原音瀬さんの『吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.3』(今月こそ!)と、かわい有美子さんの『進行性恋愛依存症』です。
 他にも色々と気になる本はあるので、お財布が気になる所です。
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。