FC2ブログ
梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
『ご主人様と俺?』 剣解
ご主人様と俺?剣解(Tsurugi_Kai)
リブレ出版 ビーボーイコミックス
562円 (ISBN4-86263-037-5)
 

【あらすじ】
 天涯孤独だとばかり思っていた信弘に、突然富豪の伯父出現!
 お屋敷の坊ちゃんの世話係をすれば生活費の面倒をみてくれるという♪ だがこの坊ちゃん、天然誘い(受)で、毒舌で、なのに病弱で、一筋縄ではいかねえぞ!?
 胸キュン下克上H炸裂♪ sweet加筆あり!

↑…本の紹介として、この粗筋はどうなんでしょうか…?
 ビーボーイは随分前からハートマーク等を乱用されてて、ハッキリ言って、購買意欲が湧くと言うより寧ろ萎える感じな時が多々あると思っていましたが…今回はツッコミ所が有りすぎて何処から突っ込もうか…と途方に暮れます。取りあえず日本語表記できる文章でお願いします。
(因みに「♪」はハートマークの代用、(受)は受が○で囲まれてるのの代用です…)

【感想】
『ご主人様と俺?』
 大学生の崎ノ森信弘は、男手一つで育ててくれた父が過労で無くなり、初めて父が借金の保証人になっていて多額の負債があることを知り呆然とする。父の死のショックと共に思いがけない借金に途方に暮れていた信弘の前に現れたのは、今まで知らなかった父親の兄、つまり信弘の伯父で、借金の肩代わりの代わりに伯父が出してきた条件は、伯父の息子・従兄弟の家庭教師 兼 使用人として働く事。一も二もなく条件を飲んだ信弘が乗り込んだ伯父の家は、想像を絶する豪邸で、そこに居た従兄弟の優は信弘に懐き、過剰なほどのスキンシップで接してきて――。

 剣解さんの絵が好きなので購入。
 「黒の騎士」が洋風時代物の主従物なら、こちらは現代版、主従物ですか。その割には主従関係は強くありませんでしたが、話のテンポがよくて面白く楽しんで読めました。
 …面白かったんですが、何だか全体的に細部が描き切れてない感じが残ってしまったのが残念でした。
 お父さんが亡くなるまで富豪の伯父さんの存在を知らなかった事とか、優の母親の事とか何だか色々な設定があるっぽいんですが、そういった所が説明不足な感じでイマイチ解らず…。
 二人の関係も主従なんだか従兄弟同士なんだか、立ち位置が曖昧な感じで、読んでいる間は楽しんで読めるんですが、読後感と言う点ではそれらが気になってしまいました。

『たとえば真実なんてものが』
 村上和基は視力が落ちても、頑なに眼鏡をかける事に抵抗を感じている。“真実”は決して目に見えるモノではないから…幸せな家庭だと見えていたのにある日、父が家を出ていった様に…そんな和基を見守る幼なじみの尋伸とのお話。

 ショートストーリーとして、雰囲気のある作品でした。
 二人の関係などはよく解りませんでしが、そこはショートストーリーなので…テーマがしっかりと描かれていたので気になりませんでした。

評価【★★★★☆☆☆】
スポンサーサイト



Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa