梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『オリエントEXP. -ツーリング・エクスプレス特別編 4-』 河惣 益巳
河惣益巳(Masumi_Kawasou)
白泉社 花とゆめCOMICS
390円 (ISBN4-592-17192-6)

【あらすじ】
 ある日シャルルに届いた招待券。それはクリスが妹の誕生パーティのために一車両ごと借りた豪華列車オリエント急行だった!! 浪漫と陰謀に彩られた表題作他『ターゲット』『ロゼ・アンジュ』収録。ツーリングEXP.特別編☆

【感想】
『ターゲット』
 中国・露・仏・英・米の国連常任理事国の象徴する建物に掲揚されていた国の象徴である国旗の掲揚ポールが撃ち落とされる事件が連続しておこる…時を経ずして国連の世界に3カ所ある本部の内、ニューヨークとウィーンの国連本部の国連旗のポールも同様の事がおこり…。
 国々が集まって議論をし決議をする場所で「拒否権」という特権を持ち、いかに過半数を得た議題も、この特権により議決されない…ここに国連と常任理事国との軋轢があり、そしてそれぞれの旗(象徴)が折られると言う事件がおこる。

 例によって、凄腕のスナイパー・ディーンがする訳ですが、ディーンが事件を起こしてる中、シャルルは国連の職員と一緒にスイス・アルプスへ登山…ハイジの世界を堪能してます。
 この国連の職員が、河惣さんの他作品の登場人物で、お話が微妙にリンクしてる所が面白かったです。
 そして相変わらずシャルルの惚気にあてられました(笑)。

『オリエントEXP.』
 古きよき時代の香りを残す、超豪華特急列車オリエント・エキスプレスの1車両を貸し切って長女の誕生会をするとリーツェンベルガー侯爵家からシャルルとディーンに招待状が届くが、何故かディーン行かないと言い、結局シャルルだけが参加する事に…しかし、シャルルをムタ(お母さん)と言い慕うリーツェンベルガー侯爵家の長女ミーネは、何故ディーンが来ないのかとシャルルに聞き…。

 ツーリングEXP.をもじって付けたようなタイトルの作品でしたが、オリエント特急の紹介が作品と上手く絡ませてあって、さらには時事も上手く練り込んであって、さすがだなぁ…と思いつつ、ツーリングEXPのファンとしてはとても楽しく読めました。
 さらに今回はクリスの妹のミーネの淡い想いも作品にひと味加えていました。

『ロゼ・アンジュ』
 シャルルの叔父であり、世界中を飛び回るジャーナリストのリュシオン、久しぶりに未だ戦場のイラクからパリに戻った彼を待っていたのは、一途にリュシオンを想うウスーリ。
 常に危険と隣り合わせで、命の保証の無い生活をしているリュシオン、愛する人を持つことを恐れる彼に、しかし一途に愛を向けるウスーリに何時しかリュシオンの気持ちは揺れ動き…。

 ウスーリの一途さにホロリと来ました。またリュシオンの気持ちも見えてきて…、そーか、彼が本気の相手を作らなかったのにはそんな意味があったのか~と思えて、なかなかに読み応えもあり、楽しい作品でした。

 全体的に、本編の良い所を生かしたとても読み応えのある作品だったと思います。
 河惣さんの作品は全体的にそうなんですが、特にこの「ツーリングEXP.」シリーズは中でも登場人物達がとても生き生きしてて昔から大好きな作品で、そんな彼らの変わらずの姿が読めてとても楽しい1冊でした。
 昔、まだ私が小学生の頃からの愛読書なので、思い入れもひとしおなんですが、当時はまだソ連の時代、米ソの冷戦の中で繰り広げられるスパイやら暗殺やらにドキドキしたものですが、今回はその番外としては格別に読み応えがあったと思います。

評価【★★★★★☆☆】
スポンサーサイト
麗人 Bravo! 2005.春号
 書店に行ったら雑誌コーナーに平積みされてました。
 大好きな山田ユギさんの表紙にフラフラと吸い寄せられ、表紙の作家陣をチェックし、西田東さんが執筆されてるのを確認し購入決定(早)。


 取りあえず、最初から読んでみよー。と早速帰宅後に1ページ目を開けて『オレの女房にゃヒゲがある。』に撃沈。。。内田かおるさん、最近ツボです。マッチョな兄さん(オヤジさん)が可愛い感じで…。今回もヒゲの兄さん(嫁さん?)がいい味をば…でも、シリーズ作の様で…前作をすっかり忘れていたので思い出すのに数回程読み直しました。3回目位で前の話は思い出しましたが、関連作はサッパリ思い出せません、単行本を捜索しなければ……(最近記憶力がなぁ)。

 高橋悠さんも好きな作家さんの一人なんですが、今回のはなんだか…画風変わった?な感じで変にキラキラした感じになっていて…受が恐ろしく細いのが頂けませんでした。いや受けだけでなく、全体の線が細くなった感じ…私的には、高橋さんの絵の力強いというか繊細な中にも骨太な感じのある所が好きなので、今回のは受け付けませんでした。

 西田東さんの『連れていってくれ』。もーねー、なんでこう上手いかなぁ!と思わせてくれます。何か目新しい設定が有る訳じゃないし、絵が凄く華麗という訳でもなく、でも絶妙の味や空気があって、とても些細な心の機微や、ふとした表情がドキッとさせてくれるのがたまりません。
 そして毎回、絶妙の『切なさ』が隠し味として使われているのが私のツボを刺激するのか…、その切なさを持った上でも前向きな登場人物達の『明るさ』が救うのか…。
 今回も過労や家庭のストレスからアルコール依存症になり、会社を休職中の千葉と、同僚で完璧主義の清水との関係。清水が千葉に向ける一途さは……切なく、可愛くすらあります。
 読後感がとにかくイイ。何と言うか暖かくなるのが西田さんの作品の持ち味かなぁ…と思います。
 
 山田ユギさんの『好きすぎて嫌い』。なんだか、遠い昔を思い出すと言うか、「青春」…てなお話でしたが、うーんん…今回の主人公達に余り愛着が無いせいか、気分はあんまり盛り上がりませんでした。
 ただ、受・攻に関しては、予想を反していたので、それには驚いた(苦笑)

 だいたい雑誌を買うと、漫画雑誌でも何作かは趣味とかけ離れすぎて読まない作品もあるんですが、今回に関しては全て目を通せました。と言うことだけでも麗人の作品は私的には評価高いかなぁ…。
 今回、内田さんと西田さんの作品以外で特に気に入ったのは、井上佐藤さんの『子連れオオカミ』
 ある日、同じ日に同じアパートの上と下の階に引っ越して来た青年はにお互いに若くしてバツイチの上に、同じじ年頃の幼児を抱えたサラリーマン二人のお話…って、ツボです。
 男性の育児って、なんだか違う色と言うか魅力的に見えるのは私の妄想センサーが作動するからでしょうか(苦笑)。
 ちょっと絵が見づらい感じはあったけど、ストーリーでそんなの全然気にならない。子育ての哀愁が感じられたり、でも子供がふとした所で生き生きと描かれていて。読んでいていろんな視点で楽しめました。
 この二人の話、また読みたいなぁ…そんな感じにさせてくれる作品でした。
 パパ'sの関係ももうチョット進展させて欲しいなぁ…あれってお預けだと思うんですが…違うかな?
BSアニメ、今日からマ王
 昨晩、ふとテレビを付けたらBS2で「今日からマ王」が集中再放送されてました……ついつい見てたら寝るのが3時過ぎました…。
 と言うことで、本日は睡眠時間3時間半で仕事に行き、ちょっとフラフラ。
 なのに番組表を確認したら、今晩も再放送~~~、きっと見るでしょう…ビデオ撮ってっても(苦笑)

 「今日からマ王」ティーンズルビー文庫の頃から楽しんで読んでいましたが、最初は微妙にBL臭い所が気に入って読んでいたので(いや、今も楽しんでますが)、まさかアニメになるとは思いませんでした…だってティーンズとは言え、元はルビーだったしさぁ…。
 最初は何となくいたたまれませんでしたが、アニメ化すると、これが面白い!難を言えば、朝早すぎて起きられない所だけでしょうか…。
 しかし、アニメになってしまったからには、もうユーリとコンラッドのアヤシイ所とかは…望めないでしょうねぇ…。
撮影会
 今日は仕事が休みで晴れたので、御所まで梅園を撮影に行って来ました。
 しかし、激烈寒かったです。
 手袋をしない手はすぐにかじかんで来る感じ…寒~い。
 と、思っていたら雪が!
 …寒いはず…。

 梅は丁度満開という感じでとても幻想的で美しかったです。
 この画像を使ってHPの壁紙を造ろうと計画中。
 しかし、帰ってみてみたら、かなりピンぼけだったり、暗かったりで使えるのがあるかどうか……あんなに寒い中頑張ったのに……とブルーな感じ。

 梅園の隣の桃園はつ蕾の中で1輪だけ、開きかけのがあったので、あと2週間もすれば満開かな~と思いつつ、でもこの雪だとそれも厳しそうでしたが…。
 時間があれば、また桃も撮影に行きたいと思っています。

 ↓悲しい感じのピンぼけ具合。

ume.jpg

炎の蜃気楼
 今日は雨だったので外出の予定を取りやめて一日家で、と言う事で一日BlogPeoleの設定にかかりきりでした。
 と言っても未だによくわかってません、なんだか途中でもういいやと、投げ出した感じ…(アカンやん)
 取りあえず、リンクは…出来たのかしら??判りませぬ。

 あとは、他サイトさんとネットサーフィン…そこで炎の蜃気楼を一気読みされた方の感想が………ついつい読み行ってしまいましたが、最終巻の所でハッと…私実はまだ読んでないんですよ!あんまりにもキツい所で毎回終わっていたので「次の巻が出てから読もう~」と置いて置いたら、前の巻がどこかにいっちゃって、新刊は常に買ってるのに、読まないまま数巻溜まってしまったんですよ…そんな事してるうちに終わってしまいました
 なので、私、終わりの方はまだ未読なんです…。
 でもチラッと感想で読んでしまいました…え?え?そうなっちゃうの~~~;ドキドキしちゃいました。
 ちょっと早く読まないと~でも、我が家のこの本の海の何処に行ってるのか……(途方)
『ハルシフォンの英雄』雨川 恵

ハルシフォンの英雄
雨川 恵(Amekawa_kei) /桃李さえ
角川書店 ビーンズ文庫
438円 (ISBN4-04-450702-3)

【あらすじ】
新興国アダルシャンには、王権を守護するという宝剣がある。その名はハルシフォン。先頃皇女ユスティニアと結婚した、戦神の誉れ高い王弟アレクシードに下賜されたものである。だが国王ユーゼリクの剣となるべき英雄(アレクシード)には、現在も黒い噂がつきまとう。果たして彼に、王の守護者たるべき資格があるのか、と。そんな折、アダルシャンと隣国との間に、国境の領土問題が発生して…?「アダルシャンの花嫁」に続編登場!

【感想】
 20歳の夫アレクシードに、10歳の妻ユスティニアという組み合わせがナカナカに面白い。
 しかも皇女は大国の姫君らしくとても気位が高くてお話になられる口調も気品にあふれ…というか「~であろ」調で気位高そうなのに、言うことはナカナカに鋭く。でもって深窓の令嬢にも関わらず、思った以上にお転婆で一所にじっとしてられない彼女に振り回されっぱなしなのが…面白い。
 たまにアレクシードが夫というより、保父さんに見えてしまう所も(苦笑)
 更にアレクシードは庶子の出という事で立場が不安定で生い立ち的にも苦労している感じで…更にお子さまの子守まで…と若いのに、なんだか「老成」とか「哀愁」とかいう単語が読んでいて浮かんでくるのが…楽しいです。

 前作がデビュー作という事で文章がとても上手いと言う訳ではないと思うんですが、文体がとても軽快で登場人物が生き生きとしていて読みやすいです。
 次作が今からとても楽しみな作品。

評価【★★★★☆】
マガジンBE×BOY 2005.4月号
 買ってしまいました。買うつもりはなかったんですが、立ち読みでついつい寿たらこさんの『SEX PISTOLS』に釣られてしまいました。
 パパ'sの若かりし頃!オヤジ好きには気になるお話!しかもマクシミリアンさんめっちゃ綺麗!…と言う事で我慢できませんでした。
 続き物だったら単行本まで我慢しよ~とか思ったんですが、雑誌の表紙に『超特大♪オール読み切り特別号!』とか書かれていたのでこりゃお得だわ~と言う事で購入。
 し、かーし!続いてました(死)
 読み切りちゃうし~。
 他のも読み切り形式だけど、微妙なのがチラホラ…。
 いやしかし、ナカナカ読み応えのある作品もチラホラありました…。
 特に水上シンさんと山田ユギさんの作品もイイ感じでした♪
始めてみました。
 最近流行(?)のブログ。
 気になっていたんですが、イマイチその機能やら使い方がサッパリ。
 と言うことで、使ってみれば判るかなぁ…と思い思い立ったが吉日と始めてみました。(いつもこんな感じ…計画性ないなぁ…トホホ)

 さて、続くかどうか…。
 取りあえず、HPには書かないライトノベルズやらコミックスの感想をメインにしていこうと思います。
 宜しくお願いします。
梅花の茶園について。
【梅花の茶園について】

 このブログは、本館である梅花の園にてティータイムの日記と本の感想として運営しております。
 本の感想については、BL関係は同時に本館の方にもアップしております。
 本は主にJUNEやBL、ヤオイと言われるジャンルの作品の感想をメインとしておりますのでこれらの単語に覚えのない方はご注意下さいませ。

 小説は [ASSAMU] ・ 漫画は [RUHUNA] に作家名別に分類しております。
 雑誌は [LAPSANG SOUCHONG] にレーベル別に分類しております。

 感想に関しては私の個人的な評価によって分類しております。ごく個人的な感想になりますので中にはご不快な点もあるかと思いますが、悪しからずご了承くださいませ。(どちらかというと、辛口が多いかもしれません…)
 因みに、感想欄はこの色で、私の拙い粗筋を、その下に感想を…。
 評価は、感覚で以下となっております(その時々の調子によって、点の付ける点数の付け方が甘かったり辛かったりします^^;)。

 評価【★★★★★★★】―7★:宝物です。
 評価【★★★★★★☆】―6★:絶対オススメ!!
 評価【★★★★★☆☆】―5★:かなりいい!
 評価【★★★★☆☆☆】―4★:楽しめて読めました。
 評価【★★★☆☆☆☆】―3★:可もなく不可もなく。
 評価【★★☆☆☆☆☆】―2★:うーん、いまいち。
 評価【★☆☆☆☆☆☆】―1★:好みではありませんでした。


【リンクについて】

 コチラは日記サイトとなっております。
 本館が有りますのでリンクは以下にお願い致します。

 サイト名 ■ 梅花の園にてティータイム
 U R L ■ http://www.geocities.jp/baikanosono/
 管 理 人 ■ 梅娘(うめむすめ)

バナーバナー




 (尚、ブログよりのリンクに関しては梅花の茶園のTOPへのリンクでも構いません。)


 リンクは基本的にJUNE・BL関係のサイト様はフリーとさせて頂いております。
 (全く関係の無いサイト様は恐れ入りますがご一報下さいませ。)

 ご連絡頂けましたら嬉しがって相互させて頂きますので宜しくお願い致します。


【コメント・トラックバックについて】

 頂けると狂喜乱舞致します。宜しくお願い致します!!

 尚、ブログに関係の無いと思われる物に関しては申し訳有りませんが私の判断で断り無く削除する場合がございます。ご了承くださいませ。
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。