梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『独裁者の恋』 岩本薫
独裁者の恋岩本薫 / 蓮川愛
角川書店 ルビー文庫
590円 (ISBN978-4-04-454001-2)
Amazonを見る 楽天を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 天涯孤独の水瀬祐は映画関係の仕事に就くことを夢見る専門学校生。ある日、バイト先の紹介で世界的に有名な映画監督の孫であるサイモン・ロイドの通訳をすることになる。ところがサイモンは、初対面から祐にきつい命令口調で無理難題を押しつける横暴な雇い主だった。それでも必死で頑張る祐だったが、ふとしたことからサイモンに侮辱され、思わず「大嫌い」と叫んでしまう。そんな祐に突然サイモンがキスをしてきて…!?何よりも甘い命令口調の唇で囁くこの恋――。岩本薫が贈るスペシャル・ラブ・ロマンス登場!

【感想】
 サイモン・ロイドは31歳の若さで家業である美術品競売会社『ロイズオークション』の社長兼最高経営責任者という激務をこなしつつ、映画監督だった祖父、テレンス・ロイドの作品の著作権の管理者として、日本でのロイドフィルムのビデオグラム化権を希望する映画会社を見極めるために日本に来日した。
 大切な祖父の作品を、守って行かねばならないという義務と共に、祖父にはもう一つ遺言として残された事があった。それは祖父の親友が亡くなった場合は、その孫を成人まで面倒を見て欲しいというものだった…。
 祖父が亡くなった後、親友も亡くなり、天涯孤独となった孫の水瀬祐にサイモンが生活の援助を申し出た所が、「援助をしてもらう理由がない」と断られてしまい…。それでも間接的に見守ってきた祐が、ふとしたことから滞在中の通訳として接することになるが――。


 読み出したら止められなくて、ついつい睡眠時間を削って読み切ってしまいました。
 ゴージャスなサイモンとクリスは、これぞ英国紳士という雰囲気があって、そんな中にちまっとした感じの祐が居る光景は微笑ましい感じでした。
 映画が作中、とても魅力的に描かれていて、そこも読み応えがあり。
 ただ、それらに注力していたからか、主人公二人がお互いに惹かれ合っていく過程が少し物足りなかったかも。
 展開として目新しい所はありませんでしたが、それをとても魅力的に描かれていたと思います。
 あと、ひとつ気になるのはタイトルの『独裁者~』という所が少し気になりませ居た。サイモンは別に独裁者では無かったなぁ…と、強いて言えば偏屈な毒舌家さんでした。
 「ロッセリーニ家の息子」のスピンオフということで、そちらを読んでいないので少し解りにくい所もありましたが、これを機会にそちらも読んでみたくなりました。
  
評価【★★★★★☆☆】
スポンサーサイト
『美男の達人』 小林典雅
美男の達人小林典雅 / 高峰顕
白泉社 花丸文庫
552円 (ISBN978-4-592-87559-8)
Amazonを見る 楽天を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 淑女の皆さん、ごきげんよう。美男塾塾頭の箭内です。美男塾――それはイケメン養成所もしくはモテない男救済機関。「すべての男性に素敵な恋を!」と、日々悩める子羊を導いているわけですが、このたび少し面白いことが起こりました。
 一見モテるはずの爽やかな好青年(郵便局勤務)が説明会を経て入塾したのですが、どうやらうちの講師に一目惚れしたらくし、しかもその相手があの猫かぶり! 
 当塾の有用性が実証される瞬間です、ぜひその目でお確かめください!

【感想】
 上遠野瑛士は彼女いない歴25年の25歳。先輩の失恋話を聞いている時にTVで紹介された、モテる男養成講座「美男塾」の紹介を見て、先輩の頼みで参加した説明会で講師の一人の夏秋真生にトキメイて勢い入塾してしまう。
 恋の自覚もないままに、けれど目で追うのをやめられない上遠野の「美男塾」での男磨きがはじまった――。


オススメ!
 小林さんに惚れました!
 大変よいラブコメでした。
 「美男塾」の講義内容はいちいち納得してしまうような説得力があって、現実にあったら多少お高くても「美人塾」に是非とも入塾したくなった。
 後書きにかかれていたように、台詞の膨大さとページの真っ黒さには本を開いた時に驚きましたが、長々とした台詞も、真っ黒さが際だつ文字の多さもストレスなくスラスラと読めるテンポのよい文章で、逆にその一文、一文が面白くてアッと言う間に読んでしまいました。
 とても面白くてよかったのですが、欲を言えば、上遠野が恋を自覚するまでが長くて、告白してからがえらく駆け足に感じてしまったのや、瑛士の心理描写ばかりで、夏秋の気持ちの変化なんかはあまり描かれていなくて、どの辺りで瑛士の事を受け入れる気持ちになったのかとかが解らなかったり、最後のくっつく辺りが本当に取って付けたように感じてしまったは少し残念でした。
 個人的にはHシーンは朝チュンでも全然オッケーなので、美男塾の終了まで読みたかったとか、上遠野に告白した碧海と箭内塾頭との話も読みたかったとかはあるんですが、でも小林さんの作品は他のも是非読みたいと思わせてくれる位には楽しめた作品でした。
 笑いと元気を貰いました。
 
評価【★★★★★☆☆】
『龍と竜』 綺月陣
龍と竜綺月陣 / 亜樹良のりかず
海王社 ガッシュ文庫
562円 (ISBN4-87724-532-4)
Amazonを見る 楽天を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 「いきがるな。もっと俺に甘えろよ」両親を亡くし、幼い弟と二人暮らしの乙部竜城は生活のために掛け持ちでバイトをしている。昼のバイト先・カフェで知り合った常連客が市ノ瀬組幹部・石神龍一郎と知ったのは、夜のバイト先のホストクラブ。トラブルに巻き込まれ怪我をした竜城を自宅まで送ってくれたのがきっかけで、石神は何かと理由をつけてはアパートにやってきた。人に頼るまいと肩肘を張っていたはずの竜城だがその優しい一面に心を奪われて…。

【感想】
 20歳の乙部竜城は、母が亡くなり、残された異父弟でもうすぐ5歳の颯太を育てるために大学を中退し、今はカフェでアルバイトをしている。しかし、弟を育てながら生活するにはもっとお金が必要で、実入りのよさそうなホストクラブで働くことにした。何故か勤め始めてすぐに窮地に立たされた竜城を助けてくれたのは、最近カフェのバイト先によく来るヤクザの石神龍一郎で――。

 颯太がとにかく可愛かった。個人的に、子育てネタが出てくるお話が好きなので、それだけで読んでいて楽しく。幼い弟を必死に育てようとする竜城や、ヤクザの幹部なのに変にエコで子煩悩な龍も生き生きと描かれていて、綺月さんの作品は初めて読みましたが、とても読みやすく、かつ勢いがある感じで一気に読んでしまいました。
 竜城が現実は色々と苦しい事もあると思うのに、前向きにポジティブに生きる様子は読んでいて好感が持てました。
 
評価【★★★★★☆☆】
『時のない男―顔のない男(3)』 剛しいら
時のない男―顔のない男(3)剛しいら / 北畠あけ乃
徳間書店 Chara文庫
533円 (ISBN4-19-900362-2)
Amazonを見る 楽天を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 天才俳優・飛滝に海外ドラマから出演依頼が!
 三ヶ月をイギリスで過ごす飛滝を追って、飛滝の秘密の恋人で、新人俳優の音彦はロケ地へ飛ぶ。今度の飛滝の役どころは歴史大作の準主役で、フロックコートの似合う男「男爵《バロン》」。百年前の男になりきった飛滝の邪魔をしたくなくて、見守るだけのつもりだった音彦。けれど撮影現場の事故で急遽、飛滝と共演することになってしまい!?

【感想】
『愛のない男』
 篁音彦は新人とも呼べなくなったデビュー三年目にして、飛滝と共演した映画を足がかりに、やっとテレビドラマで主役を張れ、CMにも起用されるようになった。
 そのCMの打ち合わせに行った所、共演する事になった子犬を何故か撮影日まで預かる事になり…しかも連れ帰った先では、恋人の飛滝は大の犬嫌いと解り――。

 
 ほのぼのとした雰囲気の中で、子犬と格闘する飛滝の人間味が各所に垣間見えてきて、読んでいてとても楽しかったです。
 ただ、終わり方が唐突というかあっけなくて、私としては音彦が心配で撮影現場に着いてきた飛滝の様子なども見たかったと思ってしまいました。ページ数の関係なのかもしれませんが、ちょっと物足りない感じが残ったのが残念。

『時のない男』
 若手俳優の篁音彦が恋した相手は、カリスマ俳優の飛滝惣三郎。役に入ると人格まで変わるという、天才型の名優だ。一度の共演によって付き合う事になり、今では音彦が飛滝の自宅に入り浸り、半同棲のような生活を送っている。
 そんな飛滝が国際的な大作ドラマの撮影の為にイギリスに三ヶ月行く事になり…。付き合いだしてから、初めての長い別離に我慢できず、仕事のオフを使ってイギリスへ渡った音彦の前に現れたのは、恋人の飛滝ではなく、そこにいたのは役柄のままの150年前の人物「前田男爵」そのもので――。


 2巻で出ていた伏線の一つ、イギリスでのドラマ撮影が見れて嬉しかったです。
 役に入り込むと、その撮影が終了するまで、撮影時以外でもずっと役になりきるという飛滝の本領が発揮されていました。ので、何だか殆ど音彦と前田男爵との絡みぽく…たまにチラチラと前田男爵の中に飛滝の意識が垣間見えるチラリズム的な登場で殆どの話が進行したので…うーん、少し飛滝の出番が少なく感じてしまいました。いや、前田男爵としては出てるんですが…。
 話の方も音彦が飛滝がどれだけ好きかと言うのはよくわかったんですが…飛滝は役柄に入り込みすぎて、実際の彼ではない時が多すぎて…前田男爵と音彦の絡みも面白かったんですが、それよりも私としては飛滝が音彦を溺愛するのを見るのが好きなので、そこも少し物足りなく。
 物語中に波乱らしい波乱もなく…(いや、一応あるんですがアッサリと終わるので…)。
 3巻は本編というより番外編とか幕間的な感じを受けました。
 この作品の二人の関係がとても好きなので是非、本編をまた読みたいなぁ…と思いますが…続編、もう無いですかねぇ…。

評価【★★★★★☆☆】



 発売された時からこの『顔のない男』シリーズは好きな作品の一つだったんですが、今回改めて一気に読むと(途中、2巻がどーしても見つからなくて慌てて買い直したりしましたが;)更に作品にグイグイと引き込まれてしまって、特に私は溺愛系が大好物なので、飛滝が音彦を全身で溺愛する様子が読んでいて楽しくて楽しくて…と言う事で『顔のない男』熱が冷めなくて、フラフラと剛しいらさんのHPを見に行ったら、なんと同人誌が出ているとか!でももう本は完売していたのですが、救済策として電子書籍化されていると言う事を知り!早速ダウンロード購入しました♪
 
 ショートが何作か収録されていましたが全体として『時のない男』の補完という感じで、これを読めば『時のない男』で物足りなく思っていた部分も補えました。
 でもやっぱりまだまだ彼らが読みたいと思う気持ちは薄れず…是非とも続編を期待したい作品の一つです。
『征服者は貴公子に跪く』 いつき朔夜
征服者は貴公子に跪くいつき朔夜 / 金ひかる
新書館 Dear+文庫
560円 (ISBN978-4-403-52218-5)
Amazonを見る 楽天を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 両親、そして財産を失い、先祖代々の居城を手放すことになったパウル
 ところが、契約書にサインを済ませたとき、売却先である日本のホテルチェーンから来た牟田は、かすかな笑みを浮かべて告げたのだ。「あなたも込みで買ったのですよ」と。男の傲岸さに最初は反発を覚えたものの、無表情ながら冷血漢ではない牟田と徐々に心の距離が近づいてゆき……?
 日本のホテル王×ドイツ青年貴族でおくる、古城の恋の物語♪

【感想】
 パウル・フォン・ヒルシュヴァルトは若くして両親を飛行機事故で亡くし、20代続いたヒルシュヴァルト侯爵家の当主当主を継いだが、成人するまでの後見だった信頼していた叔父に財産を売り払われ、更には莫大な借金まで背負わされてしまう。その返済の為に代々守り続けてきた居城であるゴルトホルン城を今、売り渡そうとしていた。
 譲渡相手である、日本でも有数のホテルチェーンの後継者という牟田慎一郎は、パウルに「私はこの城をあなたも込みで買ったのですよ」と言い…城をホテルにするにあたり、『看板』として見目麗しい王子様役をと言われ…思いがけない申し出に困惑しつつも、慣れ親しんだ城に生まれた頃から世話になっていた執事のヘルムートと家政婦のハンナも共に雇用してくれる事を条件に受け入れるが――。


 困窮したヨーロッパ貴族とその家財を買い取る金持ち(日本人)という設定は他でもチラホラ見る気がしますが、それだけに終わらないのがいつき朔夜さんの力でしょうか。
 ドイツの雰囲気がとても上手く描かれていて、主人公達の心の動きだけでなく、その他の登場人物達も生き生きとしていて、読んでいてとても楽しかったです。
 ただ、パウル視点での物語だったので、牟田の気持ちが見えにくく…また牟田が言葉が少し足りない感じの不器用人間たったので、何時からパウルの事が好きなのかとか肝心な所が今イチ伝わりにくかったのは残念。ショートストーリーででも牟田視点の話があればもっと楽しかったろうなぁ…と思ったり。

評価【★★★★★☆☆】
『ナルシストの憂鬱』 西江彩夏
ナルシストの憂鬱西江彩夏 / 金ひかる
リブレ出版 ビーボーイノベルズ
850円 (ISBN978-4-86263-597-6)
Amazonを見る 楽天を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 「絶対に恋になんかならない!」
 精悍で色男、職業・司法書士。だけど性格は、自意識過剰なナルシスト。
 藤中にとって山田は、外見だけは好みな尊大で横暴な隣人だ。しかも初めて出会って以来、お人好しで面倒見の良さが災いしてか、なぜか山田の世話を焼くはめになってしまう。
 さんざん山田に振り回されげんなりしていた藤中だが、二人の距離が縮むたびに、山田の素直で嘘を言わない真摯な言葉に心がときめいて…?

【感想】
 大手家電量販店のクレーマー対策担当窓口に勤める藤中新の目下の悩みは、隣に引っ越してきた傍若無人な自己中男・山田宏が事ある毎に言ってくる「家電が壊れた修理をしろ」と言う要求。
 家電店に勤めているとはいえ、修理班でもない藤中に出来る事はたかが知れていると言うのに、深夜二時でもお構いなしで迷惑をかけてくる山田は見た目だけなら、ゲイの藤中にとって好みではあるが、中身は横暴で、無神経なナルシストの山田はどう考えても恋愛対象にはならず、出来れば距離を置きたい存在だ。
 だのに、山田に振り回されつつ、彼の事を知っていくうちに、だんだんと彼に惹かれていって――。


オススメ!
 西江彩夏さんは以前、雑誌で作品を読んで以来、私的に要チェックの作家さんだったので、今回の単行本は大変楽しみにしていました。
 藤中や山田の心理描写がとても丁寧にされていて、最初はただただ無神経で横暴にしか見えなかった山田がその後ろに持つ不器用さや純粋さが見えてきたり、人になかなか思った事を言えない藤中の葛藤などがジワジワと理解できていくうちに話に引き込まれていきました。
 誰にでも言いたいことを言ってしまう山田と、言えない藤中。山田の寂しさや自己嫌悪と、藤中のジレンマ。少しづつ寄り添っていく二人の距離感がじんわりと伝わってとても読み応えがありました。
 紆余曲折ありましたが、読後感はとても清々しい作品でした。

評価【★★★★★☆☆】
『相思喪曖 二重螺旋4』 吉原理恵子
 随分と長々と更新できずにいました。
 最近は余り食指の動く本が無く、読んでも感想を書くまで至らなかったり。
 小説よりかは漫画ばかりを読んでいた感じです。
 当分はボツボツ更新になりそうですが、マイペースにお付き合いいただければと思いますm(_ _;)m 
相思喪曖 二重螺旋4吉原理恵子 / 円陣闇丸
徳間書店 Chara文庫
571円 (ISBN978-4-19-900528-2)
Amazonを見る 楽天を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 常識や道《モラル》を捨てても欲しかった、実の弟・尚人の心――。それを手に入れた今、雅紀に怖いものは何もない。ところがある日、父の愛人の妹・瑞希と尚人が面識があったと知らされた上、尚人が怪我をしてしまう!!
 嫉妬と心配で苛立つ雅紀は、「二度と俺に隠し事はするな」と初めて尚人に弱音を曝して…!?
 尚人が雅紀の仕事場を訪ねる、原作書き下ろし番外編まんが「情愛のベクトル」も同時収録!!

【感想】
 連続暴行事件の被害者の一人の野上の起こした凶行によって尚人の友人・桜坂が受けた傷の衝撃や事件が報道された事での周りの騒動も落ち着いてきた頃、尚人の前には以前、無知故に彼を詰った、父の愛人の妹・間山瑞希が以前とは変わり果てた姿で現れて…!?

オススメ!
 久しぶりの「二重螺旋」、前作からは三年、その前は四年だったので、一年は早く読めたので良しとしたい所ですが…前回同様、見事に内容を忘れていた鳥頭的にはせめて一年半くらいで…と思ってしまいます。しかも今回も続いてました。
 今回は、沙也加で始まり、沙也加で終わる。この後どうなるのかが、今からもう、もの凄く気になります。
 内容は相変わらずヘビーでドロドロした物を奥底に感じてしまいますが、雰囲気的には起承転結で言うところの転辺りには来てるのかなーと思ったり。
 今回はタイトル通り相思相愛になった雅紀と尚人の甘い雰囲気というか、相変わらず尚人しか目に入ってない雅紀のブラコンぷりは凄まじく、尚人の天然ぶりも程良く、読み応えがありましたが、何より今回は末っ子の裕太が前向きに元気があって、読んでいて癒されました。
 何しろ、次作への伏線が沢山あったので、早く続きが読みたいです。

評価【★★★★★☆☆】
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。