梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ブログの不具合
 昨日、久しぶりに本の感想をアップした途端にブログが真っ白になりました…。記事の部分が全く表示されず……。
 何故?
 
 色々と試した結果、ブログのテンプレートを変えると正常に表示される模様。
 と言う事は今使ってるテンプレートがマズイのか…しかし、ブログを立ち上げて以来、ずっとこのテンプレートを愛用しているので愛着があり…実はこのテンプレート、プラグイン非対応だったりするので、前々から色々と不具合が起こったりしてるんですが…でもこのテンプレートがいい!

 しかし、記事が表示されなきゃ意味がないし、仕方ないから他のテンプレートを間に合わせに…と色々探してみても、どうもしっくりしない…。と、色々試した結果、今まで使っていたテンプレートでは表示されないけど、このテンプレートの複製(色々いじくる前の物を複製として取って置いた物)だと表示されるヽ( ´¬`)ノ

 と言うことで、慌てて複製に再度手を加えてみました。
 
 しかし未だに微妙に不具合…何故かhttp://blog5.fc2.com/umemusume/のアドレスでの表示だと最初はきちんと表示されるのに、再読込などをするとカテゴリーが崩れてしまう&BlogPeopleが表示されなくなってしまう…。

 一方http://umemusume.blog5.fc2.com/のアドレスだと再読込でも問題無しと言う………何故?

 原因も分からず、何がマズイのかが解ってないので、解決しないままですが、このテンプレートを使える限りは騙し騙し使っていきたいと思います…。


 以下は拍手のお礼です。
[ブログの不具合]more...
スポンサーサイト
本の整理と雑誌の感想。
 汚部屋の掃除が遅々として進まない中、それでも少しづつ何とか…と思って頑張っています。
 でも、最近(やっと)気が付いたのは、数年間溜め込むだけ溜め込んで全然放出していなかった本を何とか(捨て)しなければならないと言う事で…。
 頑張って捨ててます。明日もブッ●オフさんの出張買い取りに来て貰います…7箱分あります。でも不思議、本棚は全然減った感じがありません_| ̄|○ il||li先は長いわー。
 で、本棚の整理中に雑誌がチラホラ出てきたのでLAPSANG SOUCHONGに追加。小説b-Boyと小説アイスを…どちらも1990年代のが殆ど…どんだけ昔の本やねん…。
 雑誌、昔は新書1冊分の価格で、何人もの作家さんの作品が読めるお得感もあり、ほぼ全ての小説誌を購読してましたが、最近の作品は大半がどうも食指が動かない感じのが多いのか、雑誌を買っても1作とか2作しか読まなくなってしまった上に、場所を恐ろしく取るので最近は買うのを控えています。でも昔の雑誌が捨てられず、かなり場所を取ってます…。
 近々、これも処分しなくちゃなぁ…とか思いつつ、小説b-Boyは捨てられないなぁ…とか思ってたら意味無い(←コレが一番場所を取ってる)。

 で、木原さんの(たぶん)書籍化されてない作品も出てきたので、備忘録としてちょこちょこ書いて行きます…。
【追記】
 ↑「甘い生活」が書籍化されていないと思い感想を書きましたが、Amazonで検索したら書籍化されてました…。『甘い生活』アイスノベルズ…普通に持ってました…本当に最近、覚えて無いなぁ…_| ̄|○ il||li 
 失礼しました。取りあえずコチラの方を下げて、改めて本の方の感想を書こうと思います。
出版社の倒産って寂しいなぁ。
 リーフ出版と雄飛が倒産してしまったそうです。

 あぁ、そうかぁ…と言うのが最初の感想でした。
 昨年はビブロスの倒産というショッキングな事件(?)があり、それで免疫がついていたのか、その時ほどの衝撃は無く…。でもショックはショックですが。
 またビブロスの本は毎月必ず1冊は買っていたのに対して、リーフノベルズは滅多に買わなかったからと言うのもあるのかも…。むしろアイノベルズの方がよく買っていたかも…それも2月に1冊あるかないかと言う程度でしたが。

 ついでにリーフノベルズで最近ヒット作品に出会ってなかったからというのもあり…、以前は遠野春日さんの作品など何作かあったんですが…どうも好みからは外れがちな作品が多かったのかなぁ…。

 ただ、これでまた一つレーベルが減った事により、確実に出版される作品が減ったと言う事で……これが一番、悲しいかも。


 最近は余りノベルズの新レーベルも見ない(気がする…そうでもないのかな)ので、新書コーナーが寂しくならないかな、とつらつら思ったりしてしまいます。

 出来れば、アイスノベルズの復活を熱烈希望!(無いかナァ)


 でも、出版予定の本とかの作家さんの稿料とかどうなるでしょうね…作家さんに被害が出ない事だけは祈りたいです。
 

 取りあえず一読者として今の心境は「リーフ出版さん、雄飛さん、今まで沢山の作品を有り難うございました。」です。
 

  って書いてから気が付きましたが、先日感想を書いたばかりのいおかいつきさんの『真昼の月4』の続きはどうなるんでしょうか!?もう出ないんでしょうか…いおかさんの作品の中ではダントツで一番好きな作品なんですが……あぁ il||li○| ̄|_

 気づいた途端に、雄飛だけでも復活を希望し始めてます(現金)
レーベルのカラー
 以前からレーベルによって購入するかどうかと言う好き嫌いが激しくありました。

 例えば、クリスタル文庫やDear+文庫等はレーベル買いかという勢いで買っていた事もあります。(最近はクリスタルはちょっと買うときに考えますが…)
 逆にラピス文庫やルビー文庫から発売されてる作品は、作家買いをする作家さんの作品以外はなかなか手が出ません…。

 でも、最近ふと同じ作家さんでもレーベルによって好き嫌いがあるかも…と思い始めました。
 何というか、この作家さんの作品は大抵好きなんだけど、どうもこのレーベルから出てるのは好きになれないなぁ…という感じで。
 全部が全部と決めつけられる物でもないんですが、何となく…。
 
 逆に、普段の作品はそう琴線に触れないんだけど、このレーベルから出てる作品はめちゃ好きかも!と思うのもあります。
 編集さんとかとの相性とかですかね。

 で、何が言いたかったかというと、高月まつりさんのコメディ作品は結構好きなんですが、中でもルビー文庫から出てるのは弾けっぷりが見事で好きです。
本がかぶる不幸
 子供の頃から本が好きで色々読んでいましたが、最近はもっぱらBLと呼ばれる本ばかり買ってる気がする今日この頃、我ながらこの偏り具合はどうなんだろ…と思わないでもないですが、言いたいことはそう言うことではなく、蔵書量が半端でなくなってきました。

 一時期、整理と言う事を放棄しつつ、ストレス解消に読まないのに買いまくっていた時期があり、最近その本などや今まで読まず嫌いをしていた作家さんなども積極的に読んでいるのですが…その過程で本を少しづつ整理整頓しています…全く進んでいませんが;
 
 そこで、ここに来てガッカリする事が多々あります。

  何がと言うと…




 本が重複しているんです  il||li _| ̄|○ il||li

 
  
    
 同じ本が二冊出てくる事がザラザラとあります。
 酷いときには三冊とかも…今までの最高(最低?)記録は四冊でした・゚・(ノД`;)・゚・
 新刊で買い、そのまま読まずに置いて置いて、その後に古本屋で見かける度に同じ本を買っていた様子…アホです。

 重複購入の数が1冊や2冊程度なら「こういう事も、あるある~」と軽く流せたんですが…さすがに5冊も6冊もかぶってるのを見つけてくるとガックリ来ますね。しかもそんな本が続々出てくると…。


 ってそんなアホな理由でガックリするのは私位ですか。
 以前は、買った本や読んだ本を忘れる事はなかったんですがね。記憶力が甚だしく低下している最近は、やはり厳しいのですかね…。
 取りあえず、読んだ本は出来る限りHPにアップする事にしました。
 そして買っただけで読めてない本はリストを持ち歩くべきなのがよく解りました。ε-(;ーωーA
記憶力の衰え
 昔は読んだ本の粗筋から登場人物の名前から、自分の感想まで事細かに記憶し、友人達との語らいなどでは直ぐに本のタイトルや作家名が出てきました。

 しかし先日、長年の友人がライトノベルやBL本を以外と読んでいた事が判明し久しぶりにそういう話題で盛り上がった時に愕然としました。


 本のタイトルが思い出せない!!
 


 タイトルだけでなく、作家名や話の内容などもカラッと抜けてるんです…。
 友人も同世代…二人で昔読んだコバルト文庫の話などで
 
 「アレアレあの作家さん、え~と妖魔とか出てくる話書いてた人!」
 「あ~アノ作家さんな~……名前、何って言ったっけ?」
 「何だったかしら?」
 
 とかバッチリ、アレアレ・コレコレで話が進んで行ってました…。

 昔は好きな本の事は事細かに覚えていたのに!_| ̄|○ il||li
 
 まぁ、そのコバルト文庫に関しては随分昔の作品で長い間読み返したりしてなかったので、仕方ないッちゃー仕方ないんですが(言い訳)

 …この物忘れっぷり、本当に凄まじいです。

 でも…そういや、最近読んだ本に関しても、数冊前の話の内容が曖昧な時があります…。
 このブログの感想も、読んだら直ぐに書かないと、何が言いたかったのかとか、どんな印象を受けたかとかをサラッと忘れてることがあります。なので、一冊読んだら、感想書くまで次を読まないようにしています(ー〃ー;)
腐女子の香り…(死)
【腐女子】
腐女子(ふじょし)とは、男性同士の恋愛を扱った小説や漫画を好む趣味を持った女性を指す言葉。(Wikipediaより)


 腐女子って最近、よく聞く言葉ですよね。ってだいぶ前からですか?私は最近です…(遅い?)
 まぁ、上の定義から行けば、私は十分に腐女子ですよ…。
 
 ところで、みなさんは、周りに自分が腐女子だという事をどれ位知られてますか?
 かくいう私は親には中学生の時にバレました(泣)。
 修学旅行に行く時に部屋のベッドの上にウッカリJUNE(雑誌)を出しっぱなしにして行った(ウッカリしすぎ!)ら、帰宅したら親の寝室にありました(爆死)…読まれたらしい…。
 慌てて回収して、何事もナカッタかのようにしました。親も敢えて突っ込んで聞いて来なかった……だいぶ後までその事はお互いに触れられない話題となっていました。今でも何となくお互い話題にはしません(だって嫌そうな顔されるんで)。

 で、友達ですが…オフに関しては中学・高校の頃は周りに読んでる子も多数居て本の貸し借りや、感想なんかも言い合ったりして嗜好を隠そうともしていなかったんで、かなりいたんですが、そう言った友人達は疎遠になったり何時の間にか卒業していたりして、今では本について語れなくなりました。
 大学の友人にはひた隠しにしていました。でも最近、着実にバレていっていて、その友人達からは「何を今更」と言われてます。
 曰く、学生時代から私が隠そうとあまりにするので、知ってたけど敢えて言わなかったと…。

 何故!?何故ばれてるの!?(あんなに必死で隠してたのに!)
 
 と(かなり必死に)聞いたら、逆に
 
 「え!?アレで隠したツモリ!?」

 
 と本気で驚かれた…_| ̄|○ il||li
 
 そんなにバレバレでしたか…。
 
 どうやら私は何かをウッカリ垂れ流してるようです……それとも腐女子の匂いがするのか…(そんな匂い嫌だ)。

 因みにWikipediaの定義で言うと、私はもう貴腐人って所ですかね。
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。