梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『世界が終わる7日前』 中村 かなこ
世界が終わる7日前中村 かなこ (Nakamura_Kanako)
リブレ出版 ビーボーイコミックス
571円 (ISBN978-4-86263-662-1)
Amazonを見る 楽天を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 人の余命が見える葉山は、幼い頃から周りの人間に気味悪がられ、孤立していた。だが恋人の真島だけは、感情を顔に出せずツレない態度の葉山を理解し、大切にしてくれている。ラブラブな生活を送るある日、葉山は真島の余命をみてしまい…!?
 信じる気持ちに胸を打たれる表題作他5編を収録したピュアラブ作品集、描き下ろし付き!

【感想】『雪息子』
 雪息子は不死身の雪女族。人間の精気を吸って生きる。口元に唇を寄せて息を吸うように軽く一口、もし人間に正体がばれたら…その人間を、殺すという一族の掟がある。
 しかし、ある日、街中で精気を貰った人間が酒を飲んでいて、アルコールに弱い雪息子は酔いつぶれてしまい。介抱してくれた男・奈川に酔った勢いで正体をバラしてしまって…!?


 100年以上、一人で生きてきた雪息子の寂しさが切なかった。
 奈川の設定が今イチ解りづらかった(部屋を借りてる条件とか)気がしないでもなかったり、唐突に現れた感のある巨人とかがちょっと戸惑ったけど、終わり方は暖かかった。

『花の恩返し』
 花にはイシキがあります。道端に咲くたんぽぽは、ある日、道行く人間が自分に水をくれた事に衝撃を受け、思わず両手を合わせて強く願った。「お礼がいいたい。この…うれしい気持ちをあの人に返したい」そう願った瞬間、たんぽぽの姿から人間に変身していて…。
 
 何気なく水をやったタンポポ・花に恩返しをされる男・売木の最初は何処か淋しげな様子が、花と触れあっていくうちに癒されていく様子がよかった。
 人間の生活を何も知らない花の、様々な事に対する驚きもよかった。最後はどうなることかと思ったけど、とにかく偉い方、グッジョブ!!この一言につきるかと(笑)


『ランプに3つ目の願い』
 美和は人の胸元にランプが見える。ランプには3つの光る玉が入っていて、強い願いで人は無意識に玉を消耗…たいていは子供時代に使い果たす。美和は最後の1つを使わずにとってある。最後の願いはもう何年も決めかねている。ランプが見える事を子供の頃に人に話して以来、からかわれる中、同じ野球部の後輩・旭涼太は一言も茶化したりせず…。

 願い事をかなえてくれるランプが見えながら、そのランプに本当に大切な事は願わずに自力で得ようとする姿が微笑ましかったです。
 ちょっぴりメジャーリーガーな所とかも見てみたかった気もするけど、二人一緒に居られるのが一番大切な事なんだなぁ…と思った。

『世界が終わる7日前』
 葉山には人に見えない物が見える。それは人の余命。一週間前からカウントダウンが始まり、顔に現れる数字が「7」から毎日カウントダウンされ、最後の日は「0」となる。
 そんな葉山の恋人・真島の顔にある日「7」の数字が現れて…!?


 不思議な能力のせいで、子供の頃から孤独だった葉山と、そんな彼を愛おしく思ってしまう真島。二人の関係が暖かくて、最愛の恋人の死期がわかってしまった時の葉山の動揺と絶望、そして彼がとった行動が切なかった。
 最終的には愛の力って偉大だね。と思わせるラストでよかった。


『苺の家』
 青葉鷹は10年近く連絡の取れない父から、ある日突然送られてきたハガキで依頼された墓参りに行くことになった。
 墓参りのをする藤さんは鷹が小さい頃に一年間だけ父と三人で同居した人物だった。
 書かれていた住所に出向いた先には、藤さんの息子で一朗と名乗る高校生が応対してくれて。藤さんの墓参りをした鷹に「ウチの親父と、青葉さんのお父さんはデキてたらしいですよ」と衝撃の告白をサラリとしてくれて…!? 


 父親の頼みで墓参りに行った先で、出会った子と仲良くなる二人には生まれた時のDNAから惹かれ合う物が組み込まれていたのでしょう。と言う事で、主人公の二人よりも、その父親二人の関係が猛烈に気になりました。
 一年同居して、何故別れてしまったのかとか、色々…。お父さんの話が読みたかったなー。と、本編を無視してあれやこれや妄想してしまいました。
 本編の二人はとても可愛らしい感じの恋愛模様でよかったですよ。


『カレーの家』
 21歳の春、親が離婚した。両親は一人っ子の江上真佑に家を残し、思い思いの場所へ去った。それから2年、やってこれたのは恋人の存在がいたからだったが…その恋人からも別れを告げられ一人きりになってしまった真佑は自殺を考え、遺書をしたためていた時。ふいに「検針です」と背中に手を当てられた。家の中に不法侵入してきた謎の男は、窓から出ていって空中に浮いていて…自分は人間一人一人が持つ「悪の度合計」を検針して回ってる天使だと言い…!?

 天使と人間のとても不思議な、でも心温まるお話でした。

 全体的に寂しい大人が癒されるお話が多かったように思います。
 あと、人外と人間というのも割合が多かった。
 各話とも少ないページ数の中にギュッとエッセンスを押し込んだような感じで、とても読み応えがありました。
 また読後感がどれもホンワカしててよかったです。
 各話の後についてる1頁の描き下ろし4コマ漫画も読後感をより一層温かな物に変えてくれました。

評価【★★★★★☆☆】
スポンサーサイト
『王子と小鳥』 山中ヒコ
王子と小鳥山中ヒコ (Yamanaka_Hiko)
芳文社 花音コミックス Cita Citaシリーズ
619円 (ISBN978-4-8322-8632-0)
Amazonを見る 楽天を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 貧乏美大生・鈴木圭一が目覚めると、そこは砂漠の国のオークション会場だった。
 借金のカタに奴隷として出品された彼が、強欲な第一王子の手におちようとしたその時、その弟であるハーリド第二王子によって買い上げられる。
 ハーリドの奴隷となった鈴木は日々逃亡を企てるが、王子の優しさに少しずつ惹かれはじめ…。
 表題作の他、心の欠けた大人と、彼に買われた少年の恋を描く「淋しさの値段」を収録。
 苦悩しながらも真実の愛を手に入れる恋人たちのドラマチックコミックス!!
 王子と鈴木の後日談描き下ろしつき♪

【感想】
 美大生の鈴木圭一が祖父の残した借金を返そうと思い、競馬で何回か大負けして、3回くらい拉致をされた結果、船に乗せられて行き着いた先は中東の砂漠の国の奴隷オークション。10年前に2ヶ月だけアイドル事務所に所属していた経歴からアイドルとして競りに出されても買い手はつかず…知らず知らずに窮地に立たされた鈴木を救ったのは、第二王子のハーリドで、彼に引き取られて抱かれる覚悟を決めても一向に手は出されなくて――。
 
オススメ!
 ムーディーなフェロモン系のハーリド王子がステキです。
 決して美形ではない、むしろタレ目でちょっぴりイケてなくて普通のお兄ちゃん風な鈴木もツボ。
 最初はカタコトでしか意思の疎通が出来なかった二人が、徐々に惹かれ合う様子がとてもイイ!
 でも正直、読み足りません。「淋しさの値段」を収録するなら、ハーリドと鈴木の話をもっと!!(「淋しさの~」は別の短編集で読みたかった!話が少しかぶってるように感じたので「王子と小鳥」の後で読むと、ちょっと物足りなく感じてしまって…。)
 最後に再会出来た二人だけれども、結局あの強欲で意地悪な第一王子もまだ居るだろうし、ハーリドには結婚が待ち受けていたりしそうだし、彼らの先行きにはまだまだ波乱がある感じで…。何よりも私が彼らをまだまだ堪能しきれてないので!
 脇で良い味を出していた可愛いハーリドの弟王子・ミシャーリも最後の方はあまり出番がなかったのも心残りだし…。鈴木の美大生という設定も殆ど活躍しなかった(最初にチョロッとだけしか使われていない技能)のも勿体ないし。話の内容も、少し荒削りで結局、よく解らなかった点もいくつか残ってしまっていて…(鈴木が最初に飲まされていた薬は何だったのか?とか、最初にハーリドが婚約破棄をしたのは何故?とか話の本筋には関係ないであろう諸々…)話が面白かっただけに、そういう所などももう少し深く知りたかったなぁ…と思ってしまいました。
 王子は21歳という設定とのことで、今でも十分いい男なので、あと数年経てば!!!是非とも続編希望ですが…無理かなぁ。
 あと、鈴木の間違った日本語教育を受けた、ミシャーリの行く末も気になる所…。

評価【★★★★★☆☆】
『満員御礼 上巻』 真生るいす
満員御礼 上巻真生るいす(Maki_Ruis)
大洋図書 CRAFT SERIES
600円 (ISBN978-4-8130-5199-2)
Amazonを見る 楽天を見る 7&Yを見る

【あらすじ】
 東京は下町、両国あたり。
 土俵舞台に青春をかける青年たちが住んでいる。
 いなせで粋な名人目指す、呼出し序二段の鈴木誉もそのひとり。
 そんな誉に恋したのは、でっかい会社のドラ息子、久保田梶之助
 日々の苦楽もなんのその、角界ロマンスついに誕生!

【感想】
 鈴木誉(24)入門七年目、職業・序二段呼出し。 日々、仕事に打ち込むが、そんな誉の仕事場である大相撲の場所中、真っ昼間から枡席、四席分を貸し切り酒を片手に観覧するのは、誉の所属する部屋の谷町(ひいき筋)の一族の一人・久保田梶之助。
 誉が秘かに苦手意識を持つ中、梶之助は何故かキスをしてきたりと誉にとっては不可解なアピールをしかけてきて!?


オススメ!
 面白かった!
 出だしから、お相撲さんがアザラシになっていたりとインパクト強烈な掴みがあって、グイグイと読ませる真生さんの独特の画風に引き込まれ、途中ニヤニヤと笑えてしまう箇所が多々用意されていてとても楽しんで読めました。
 もともと相撲は結構好きで、良くテレビで見ているので、それだけでも好印象。
 主人公はお相撲さんではなく、呼出しさんのお話ですが、それもとても楽しく。何だか色々と思わせぶりな伏線が沢山あったように思うので、今から続きが楽しみです!
 主人公達も勿論気になりますが、同時に格好いいお相撲さんのテツさんとその舎弟の二人も猛烈に気になる所です。

評価【★★★★★☆☆】
『ブリリアント★BLUE(2)』 依田沙江美
ブリリアント★BLUE(1)依田沙江美(Yorita_Saemi)
新書館 Dear+コミックス
552円 (ISBN4-403-66115-7)
 

【あらすじ】
 ホロ酔いで上機嫌な章造にキスされ、舞い上がり気味の七海。ふたりの気持ちはおんなじですぐに恋人になったものの、ここは片田舎、人の目も耳もある実家暮らし……。
 内緒の恋はあっという間にバレ、さらには誤解が誤解を生んで、事態はとんでもない方向へ……!? 章造のところにコワモテの新人・なおプーがやってくる番外編も収録した、シリーズ完結編!!

【感想】
 結局、都会には戻らずに実家を手伝う事にした章造。田舎ならではの近所付き合い等にウンザリしながらも折り合いを付ける日々。そんな中、久しぶりに再会した幼馴染みの七海が男性と付き合っていたと言う事を知り…更には七海に好意を抱き始めている自らの気持ちを自覚するが、精神年齢が低く嘘が付けない七海との関係を、周囲に密着した田舎で秘密にしていくのはとうてい無理な話で、でもついつい酔った弾みでキスをしてしまい――。

 精神年齢が小学生並ながらも、周囲から愛されるおバカな七海と、理論派で何気なく辛辣な事を口にしがちな章造とのお話は私にはとてもツボでした。
 章造や七海、更に彼らの周囲の人々がとても生き生きと描かれていてまるで私もその地元の人間の一人になったような気分になってきます。
 そして、思った通り直ぐにバレが二人の関係が、思った以上にアッサリと周囲に認知されてホッとしつつも、続編のなおプーのお話は、私としては「そこで終わるの!?」と言う感じで、その後の章造となおプーとの関係が気になる所です。
 全体的に、依田さん独特のホンワカとした雰囲気の作品で楽しめて読めました。

評価【★★★★★☆☆】
『ブリリアント★BLUE(1)』 依田沙江美
ブリリアント★BLUE(1)依田沙江美(Yorita_Saemi)
新書館 Dear+コミックス
552円 (ISBN4-403-66090-8)
 

【あらすじ】
 章造は、腰痛を悪化させた父に代わり家業の工務店を手伝うため、久しぶりに故郷に帰ってきた。そこで再会した幼馴染みの七海は、あいかわらずのぽわわんぶりだけど、すっごくキレイになったわ、スナオだわ、なつこわで……!?
 天然おバカな七海と、苦労性の章造。ガテン系田舎暮らしの二人に恋は芽生える……!? ドキドキ、ラブ&ハッピーなストーリーがスタート!!

【感想】
 三田章造は、実家の工務店を手伝うために故郷に戻ってきたが、予定では一ヶ月間。父の腰の具合が回復したら、また都会に戻るつもりで、無難に田舎での仕事をこなしている。
 そんな章造が再会したのは、パッ見では十代にしか見えない同級生だった牛島七海。だが、以前のぽっちゃりしていた面影は無く、女性的にも見えるかわいらしさを持った七海から何故か目が離せなくなっている章造がいて――。

 七海さんのおつむの弱さがツボでした。
 可愛い顔して、知能的には小学生位?な価値基準を持っていて、でも電気工事や数字の事には天才的な所がある七海のキャラが光っていたかと。そして、そんな七海にどんどん章造が惹かれていく様子が読んでいてとても微笑ましかったです。
 また、田舎だからこその、人と人の付き合いや関わり方が作中にさりげなく出てきて、とても味のある作品だったと思います。

評価【★★★★★☆☆】
『肌まで愛して』 やまかみ梨由
肌まで愛してやまかみ梨由(Yamakami_Riyu) 原作:剛しいら
徳間書店 Charaコミックス
533円 (ISBN4-19-960296-8)
 

【あらすじ】
 経営難に悩む青年社長・嗣巳は偶然、一夜を共にした、ゆきずりの男が忘れられない。
 だが再会した化レオン正体は、経営立て直しのためヘッドハントされてきた企画部長のだった!
 「おとなしく抱かれるのは、会社のためか?」
 昼間は有能な部下の顔をした黛に、夜ごと抱かれる嗣巳だが!?アダルト下克上LOVE。

【感想】
 父が倒れたことにより、呼び戻された小南嗣巳はそのまま父の経営する紳士服店の社長として苦しい会社の立て直しに頭を悩ませる日々…。もともと嗣巳は幼い頃に父が出演した自社CMがトラウマとなっていて、決して自社製品には袖を通そうとしない。
 それはすなわち、自社の製品に愛着が持てていないと言う事で…そんな嗣巳の前に現れたのは、他社からヘッドハントされてきた黛森で、だが初対面の筈の彼とは、前夜ベッドを共にしていて――!?

 嗣巳の父親の会社への複雑な気持ちや、それでも良いスーツを作りたいと言う思い、またその過程で黛と対立しながらもお互いが信じる方向を認め合っていくと言うのがとても上手く表現されていて読み応えがありました。

評価【★★★★★☆☆】
『かみなりソーダ』 依田沙江美
かみなりソーダ依田沙江美 (Yorita_Saemi)
新書館 Dear+コミックス
580円 (ISBN4-403-66149-1)
Amazonを見る bk1を見る

【あらすじ】
 「星の君」なんて呼ばれて優等生のようだけれど、それはちょっと仮面だったりして。全寮制の男子校。星弥は最近、同級生の龍泉が気になって仕方がない。急速に親しくなりある夜、ついに告白してキス。でもそこはお墓の前で、龍泉は極度お怖がり。抱きついてきても意味はない。それどころか、その後の反応は……!? ラブ・イン・ドミトリー!!

【感想】
 青華学園は僻地にあれども、全国ではちょっと名の知れた中高一貫の進学校。しかし学生達はほぼ全員が入学して初めてその学校が“仏教校”である事を知る。そんな男子校は僻地にあるため、全寮制。
 そういった学生生活を無難に、優等生の仮面をかぶりつつ生活する桂木星弥は、学内では“星の君”と呼ばれ一目置かれているが、そんな彼が最近気になるのは高校から編入してきた伊藤龍泉。
 硬派な雰囲気の彼の事が気になる星弥は何かとちょっかいをかけるがそのうち、彼の思いがけない一面を知ることになり――。

 仏教校の驚きは私にも覚えがあります。私もかつて入学した学校が仏教校でした。入学式には会場には左右に坊さんが鎮座されており、壇上の奥のカーテンが開き仏像様がお出ましになられました。あの時の驚きと言うか違和感は衝撃でした(だって、ナチュラルに出てきたんで)…なので生徒達の驚きは共感できました(苦笑)。
 男子校と聞くと何やら秘密の花園と言った雰囲気があると思いますが、全員ホモとかになってくると「そんな学校あるかーい!」と思ってしまいます。でも今作はそういった面もなく、同世代の少年達の共同生活がほのぼのと描かれていて読んでいて楽しく。
 また龍泉の寺の息子でありながら、極度の怖がりという設定が可愛く、星弥と共に最初の印象が、読み進めていくウチにどんどん変わっていくのが面白かったです。

評価【★★★★★☆☆】
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。