梅花の茶園
HP(梅花の園にてティータイム)の更新日記や、BL・JUNE作品・ライトノベルズ等の感想や日々の徒然を思いつくまま書いております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『まんまこと』 畠中恵
まんまこと畠中恵 / 南伸坊
文藝春秋
1400円 (ISBN978-4-16-325840-9)
Amazonを見る bk1を見る 7&Yを見る

【感想】
 高橋麻之介は江戸は神田で八つの支配町を持つ古名主、高橋家の跡取り息子だ。16歳になるまでは、人の期待を集める自慢の息子だったが…16歳のある日、突然それまでの生真面目で勤勉な所を何処かに落として無くしてしまったらしく、22歳の今では大層“お気楽”な若者に化けてしまっていた。
 そんな名主のお気楽息子、麻之介と同じく名主の息子で女性に人気の八木清十郎と、武士で堅物の同心見習い相馬吉五郎の悪友三人が揃うと何かしらの騒動が起こるが…。
 江戸の町で起こる難問・奇問に麻之介が出した答えは――。


 畠中恵さんは『しゃばけ』シリーズがとにかく好きな作家さんでして、今作は趣は違っても同じく時代小説と言う事で大いに期待して読みました。
 が…面白かったんですが、残念ながら萌え所はなく(←当たり前)
 読み始めて直ぐに、主人公の麻之介が悪友の清十郎に「あたし達が念者と若衆の間柄だと、人に言って欲しい」と頼んだ時は「おぉ!(喜)」と喜んだものですが、その後は全くそういう雰囲気の登場人物はおらずでした…(残念)。
 麻之介が機転と発想で名主名代として事件をまとめ上げる様は読んでいて爽快でしたが…それにしてもこういう時代小説に衆道物はないんですかねぇ…喜んで買うんですが。できればこういう短編で事件を解決する中にサラッと入ってるようなの希望!って難しいですかねぇ。
 
 (↓ココから激しく脱線するので、お暇な方のみどうぞ~。)
[『まんまこと』 畠中恵]more...
スポンサーサイト
『星界の断章(2)』 森岡浩之
星界の断章 2森岡浩之 / 赤井孝美
早川書房 ハヤカワ文庫
580円 (ISBN978-4-15-030880-3)
Amazoを見る bk1を見る

【あらすじ】
 惑星マーティンの支配をめぐる裏交渉が明かされる「併呑」を始め、ラフィールと出会う前のジントが目撃したアーヴの真実に迫る「嫉妬」、ジントとサムソンが出会う「着任」、突撃艦搭乗直前のエクリュアの心情が語られる「童友」、ラフィールの修技館入学を祝う宴の模様を描く「祝福」、領地に向かうジントが新居を買う「転居」など、本篇では語られざるアーヴの歴史に隠された真実を暴いた、書き下ろし「墨守」を含む全12編。

【感想】
 私の大好きな「星界」シリーズの久々の新刊でした。
 買うのを忘れていたのですが、買ったら一気に読んでしまいました。
 やはり面白い~!
 
 …でも、本編ではないのが何とも残念。
 本編の「星界の戦旗(4)」は何時でたんだっけ?と調べたら何と2004年12月…遠っ!
 その後、他作品を書かれたりしてるみたいですが…個人的には、まずは「星界」に専念してほしいと思うのは私だけでは無いと思うんですが…。
 長々待ってますが、場つなぎ的に番外編が出されて、余計に本編の続きが早く読みたくなってしましました。

 取りあえず、前作とアニメとCDブックでフラストレーションを解消しようと思います。

評価【★★★★★☆☆】
『さらい屋五葉 第一集』 オノ・ナツメ
さらい屋五葉 第一集オノ・ナツメ
小学館 BIG COMICS IKKI
600円 (ISBN4-09-188326-5)

【あらすじ】
 貧乏浪人・政に舞い込んだのは、遊び人の男・弥一の用心棒の仕事。しかしその弥一こそ、「五葉」と名乗る賊の頭であった――
 掴み所のない弥一と、ひとクセもふたクセもある一味の面々に次第に惹かれ、巻き込まれていく政だが…?
 情と絆、あざやかに薫る大江戸絵巻・開演!

【感想】
 二本差しの侍の秋津政之助は浪人の身。。身丈もあり剣の腕もなかなかだが、生真面目すぎる性格と優しい人柄が溢れすぎているのか、どこか頼りなく人から侮られがち。
 自身もそんな現状を何とかしたい!と思っているが、なかなか思うようにはいかず…。
 ある日、弥一と言う何処か謎のある男と出会った事により、五葉という誘拐を生業とする賊の一味となってゆき…政之助の生活は一変するが――。

 えー、出来ればこれで“やおい”風味も加味して頂ければ言うことナシ!なのですが…(苦笑)
 それがなくとも、ヨコシマ目線で見ると色々と想像(妄想)できて楽しめます。いい味出したキャラが盛りだくさん!(因みに女性キャラはそっちのけ(笑))
 何と言っても私のツボは真面目で頼りない風情の政さんなのです!いやぁ…剣を持って丁丁発止のシーンも格好いいですが、子供に逃げられて三角座りで落ち込むシーンも可愛くて!
 その他のキャラも色々語りたいですが、あまりするとネタバレしてしまうので…もぅ是非!読んでみてください!!
 お話の雰囲気は強いて言えば“必殺仕事人”風ですが、主人公がその仕事に疑問を抱きつつやってるし、仕事内容も人殺しではないので、あくまで雰囲気。
 しかしこのお話、弥一は謎だらけ(何を考えているか解らないし)で他にもまだ正体の解らない眼光するどいお侍さんが出るだけ出てたりとかがあって、まだまだ話の本筋には辿り着いてません。今作はプロローグという感じで次作が今から楽しみです。

評価【★★★★★☆☆】
炎の蜃気楼
 今日は雨だったので外出の予定を取りやめて一日家で、と言う事で一日BlogPeoleの設定にかかりきりでした。
 と言っても未だによくわかってません、なんだか途中でもういいやと、投げ出した感じ…(アカンやん)
 取りあえず、リンクは…出来たのかしら??判りませぬ。

 あとは、他サイトさんとネットサーフィン…そこで炎の蜃気楼を一気読みされた方の感想が………ついつい読み行ってしまいましたが、最終巻の所でハッと…私実はまだ読んでないんですよ!あんまりにもキツい所で毎回終わっていたので「次の巻が出てから読もう~」と置いて置いたら、前の巻がどこかにいっちゃって、新刊は常に買ってるのに、読まないまま数巻溜まってしまったんですよ…そんな事してるうちに終わってしまいました
 なので、私、終わりの方はまだ未読なんです…。
 でもチラッと感想で読んでしまいました…え?え?そうなっちゃうの~~~;ドキドキしちゃいました。
 ちょっと早く読まないと~でも、我が家のこの本の海の何処に行ってるのか……(途方)
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。